FOLLOW US

東京ヴェルディがMF永井秀樹の引退を発表、ホーム最終戦でセレモニー

現役引退を発表した東京VのMF永井秀樹 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 明治安田生命J2リーグの東京ヴェルディは10日、MF永井秀樹の現役引退を発表した。

 永井は1971年生まれの45歳。国士舘大学を中退後、1992年にヴェルディ川崎へ入団し、3シーズンを過ごす。その後、各クラブでリーグ戦やカップ戦のタイトルを手にした同選手は、2008年に当時JFL(一般社団法人日本フットボールリーグ)のFC琉球へ移籍し、6シーズンもの間プレーした。2014年には東京ヴェルディへ移籍。再びJリーグの舞台に戻ってくると、40代ながら毎シーズン出場を果たした。

 2014年の契約更新時には、「昨シーズン、久々にヴェルディへ帰ってきて、あらためて素晴らしいチームだなと思いました。ヴェルディを愛する仲間たちとともに、必ずやJのチャンピオンチームに返り咲く! そして世界へ」というコメントを残していた。

 なお、永井の引退セレモニーは、12日に行われる次節セレッソ大阪戦の試合後に予定されており、そこで本人からのコメントがあるという。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO