2016.11.08

大分FW高松大樹、35歳で現役引退 クラブ初の代表選出、アテネ五輪出場

高松大樹
現役引退を発表した大分FW高松大樹 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 大分トリニータは8日、元日本代表FW高松大樹が現役を引退すると発表した。

 高松は1981年生まれの35歳。多々良学園高校から2000年に大分へ加入した。2002年にJ2制覇とJ1昇格を果たしたチームの中で出場機会を伸ばし、2008年にはヤマザキナビスコカップを制覇。決勝の清水エスパルス戦でゴールを決め、タイトル獲得に大きく貢献した。2011年にFC東京への期限付き移籍を経験した後、翌2012年に大分へ復帰。今シーズンのJ3を含めて、J1からJ3までの各カテゴリーで計16シーズン、大分の一員としてプレーした。

 また高松は年代別の日本代表に選出され、2004年にはアテネ・オリンピックに出場。2006年から2007年にかけては日本代表にも招集されている。

 2016年11月8日時点での高松のキャリア通算の出場記録は、リーグ戦364試合出場75ゴール(J1は195試合出場45ゴール、J2は162試合出場29ゴール、J3は7試合出場1ゴール)、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で25試合出場8ゴール、天皇杯で17試合出場4ゴールとなっている。

 大分は高松について「2008ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)決勝戦でのゴールなど数々のゴールでクラブの歴史を築き、ミスタートリニータの愛称で親しまれてきました。また、クラブ初のオリンピック代表、日本代表にも選ばれています」と、功績を称えている。

 なお高松は、今月13日に大分銀行ドームで行われる明治安田生命J3リーグ第29節、Y.S.C.C.横浜戦後に挨拶をする予定となっている。

 大分は現在、J3リーグ第28節終了時点で2位につけている。首位の栃木SCとは3ポイント差。J2への自動昇格を果たすべく、残り2試合での逆転を目指す。引退を決断した“ミスタートリニータ”の花道を飾ることはできるだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る