2016.11.06

清水が怒涛の7連勝!鄭大世の6試合連続弾などで讃岐に競り勝つ 

清水エスパルス
チョン・テセ(中央、9番)の得点を喜ぶ清水のイレブン [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J2リーグ第40節が6日に行われ、カマタマーレ讃岐と清水エスパルスが対戦した。

 19位とJ2残留争いをしている讃岐が、6連勝と好調の3位清水をホームに迎えての一戦。讃岐はJ3の2位チームとの入れ替え戦にまわる21位ツエーゲン金沢と勝ち点差「2」と油断ができない状況が続いており、なんとか勝ち点を手にしたい。一方の清水はJ1自動昇格ラインの2位松本山雅FCを勝ち点差「3」で追走しており、白星を挙げて上位チームにプレッシャーをかけたいところだ。

 試合は前半の最初からペースを握っていた清水が先制に成功する。38分、エリア内左の浮き球を鄭大世が頭で中央に流す。ボールが転々とエリア内右まで抜けると、走り込んでいた枝村匠馬が押し込んだ。前半はこのまま清水1点リードで折り返した。

 後半に入って54分、清水が追加点を挙げる。大前元紀の浮き球のパスで枝村がエリア内右に侵入。中央に折り返すと、鄭大世が左足で無人のゴールに流し込んだ。これで鄭大世は6試合連続ゴールとなった。

 対する讃岐は87分に1点差に詰め寄る。永田亮太の浮き球スルーパスでエリア内中央に抜け出した西弘則が頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 このまま試合は終了し、2-1で清水が勝利。清水はリーグ7連勝とし、勝ち点を78まで伸ばした。一方の讃岐は2連敗で厳しい状況が続いている。

 次節は12日、讃岐は敵地でV・ファーレン長崎と、清水はホームでファジアーノ岡山と対戦する。

【スコア】
カマタマーレ讃岐 1-2 清水エスパルス

【得点者】
0-1 38分 枝村匠馬(清水)
0-2 54分 鄭大世(清水)
1-2 87分 西弘則(讃岐)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る