FOLLOW US

主力4名欠場の新潟、広島に完封負けも得失点差でJ1残留確定

主力を欠きながら最終節へ臨んだ新潟のメンバー [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第17節が3日に行われ、アルビレックス新潟サンフレッチェ広島と対戦した。

 前節終了時点でJ2降格圏外の年間15位に位置する新潟。しかし、降格圏の16位名古屋グランパスには勝ち点で並ばれており、J1生き残りを懸けて最終節に臨むこととなった。重要な一戦は主力のDF舞行龍ジェームズ、ブラジル人MFレオ・シルバ、ブラジル人FWラファエル・シルバを出場停止、広島からレンタル加入中のMF野津田岳人を契約上の理由で欠くという厳しい状況で迎えた。

 試合は広島のナイジェリア人FWピーター・ウタカが21分に左足で先制ゴールを奪う。その後は新潟が同点ゴールを目指すが得点を奪えず。終盤には同時刻に試合を行っていた名古屋が湘南にリードされている情報を受け、ボールを回す場面も見られた。

 結局、新潟は広島に0-1で完封負け。しかし名古屋も湘南に1-3と敗れたことで年間15位をキープ。J1残留を果たした。

 吉田達磨氏を新監督に迎えた今季の新潟。しかし、ファーストステージを13位で終えると、セカンドステージには2度にわたって4連敗を記録し、吉田氏を解任。片渕浩一郎コーチが指揮官となった。新潟の年間成績は8勝6分け20敗で勝ち点30、得失点得失点差-16となっている。セカンドステージでは13敗を喫した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA