FOLLOW US

浦和がチャンピオンシップ決勝進出 最終節ドローも川崎を抑え年間首位で逃げ切る

2ndステージ制覇に続き、年間首位を決めた浦和レッズ(写真は第16節磐田戦後) [写真]=Getty Images

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ最終節が3日に行われ、浦和レッズはホームで横浜F・マリノスと対戦し、1-1で引き分けた。しかし、同時刻に行われた試合で年間2位の川崎フロンターレが敗れたため、浦和が年間首位でレギュラーシーズンを終え、23日から行われる明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップの決勝進出を決めた。

 前節、セカンドステージ優勝を決めた浦和は、年間2位の川崎フロンターレと勝ち点差1で迎えた最終節で横浜FMをホームに迎えた。浦和は66分に柏木陽介のゴールで先制したものの、85分に横浜FMのマルティノスに同点ゴールを許して1-1のドローに終わった。しかし、川崎がガンバ大阪に2-3で敗れたため、年間首位の座を守りきった。

 なお、23日から行われるJリーグチャンピオンシップには、年間1位でセカンドステージ優勝の浦和、年間2位の川崎、年間3位でファーストステージ優勝の鹿島アントラーズが出場。年間1位の浦和はすでに決勝(第1戦:11月29日、第2戦:12月3日)進出を決め、川崎と鹿島の勝者とホーム&アウェーで優勝を争う。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA