FOLLOW US

在籍6年でリーグ186試合出場 横浜FM、小林祐三との契約満了を発表

2011年から横浜FMでプレーしている小林祐三 [写真]=Getty Images

 横浜F・マリノスは11月2日、DF小林祐三との契約満了に伴い、来季の契約を更新しないと発表した。

 小林は1985年生まれの30歳。静岡学園高校出身で、2004年に柏レイソルに加入した。2011年に横浜FMへ移籍し、今シーズンが在籍6年目。明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第16節終了時点で全33試合中32試合に出場し、JリーグYBCルヴァンカップ(ヤマザキナビスコカップ)では6試合出場を記録している。横浜FMでの6シーズンで、J1リーグ通算186試合出場3ゴールを記録している(2016年11月2日時点)。

 契約満了にあたり、小林は以下のようにコメントしている。

「2016シーズンをもって、横浜F・マリノスを退団することとなりました。チームメイト、ファン・サポーターの皆さんに報告した上で、最終節に臨みたかったので、このタイミングでの発表とさせていただきました」

「チームメイトをはじめ、スタッフ、会社の皆さん、そしていつも熱い声援を送ってくれたファン、サポーターの皆さんには、感謝の言葉しかありません。トリコロールを身にまといピッチに立ち続けたことを誇りに、来シーズンからも頑張っていきます。横浜F・マリノスの更なる飛躍を願っています」

 横浜FMは明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第16節終了時点で年間勝ち点9位。3日に行われるセカンドステージ第17節(最終節)では、浦和レッズとのアウェーゲームに臨む。小林はJ1リーグ通算で299試合5ゴールを記録しており、浦和戦に出場すれば300試合達成となる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA