FOLLOW US

【神戸vs名古屋プレビュー】神戸は主軸2選手が出場停止 名古屋は今季2敗の神戸に雪辱なるか

■ヴィッセル神戸 ニウトン、レアンドロが出場停止 攻撃の組み立てが重要なポイントに

 前節のアウェー仙台戦で敗れ、2ndステージ優勝が消えた神戸。初タイトルへの重圧がかかる中、高橋祥平のバックパスが不運にもオウンゴールになって相手に先制点を許すと、後半にはニウトンの退場もあって万事休す。結局、0-3の完敗で悲願達成の夢は終わった。

 そんな重圧から解放されて迎える今節の名古屋戦。良いパフォーマンスを発揮できる可能性はあるが、優勝を逃したことによるメンタルダウンも大きいと予想できる。逆にJ1残留に向けて一つも落とせない名古屋は、死に物狂いでくるはず。このモチベーションの差をどう埋めるかが今節のポイントになる。

 前節の仙台戦を警告累積で欠場したキャプテンの渡邊千真は、この名古屋戦に向けて「まず相手に気持ちでやられないこと」と話す。

 また、レアンドロとニウトンを出場停止で欠く神戸は、どのように攻撃を組み立てるかも一つのポイントになりそうだ。おそらく2トップを組むのは、渡邊とペドロ・ジュニオール。ニウトンの代わりは、渡邊と同じく出場停止明けの藤田直之が入り、三原雅俊とボランチを組むはず。両サイドハーフに誰を起用するかの予想は難しいが、右に中坂勇哉、左に松下佳貴が有力か。

 いずれにしても、ポイントは気持ち。渡邊は「目の前の試合に勝ちたいという強い気持ちを持つこと。まだ年間4位まで浮上できる可能性もあるので」と意気込む。頼れるキャプテンの“鼓舞”に期待したい。(totoONE編集部)

■名古屋グランパス 降格圏に沈むも選手たちに焦りなし

 前節の結果により、再び降格圏に転落してしまった名古屋だが、チームの誰も動じてはいない。もともと、ボスコ・ジュロヴスキー監督自身が「残る3試合で2試合を勝てれば」と語っており、目の前の試合に必勝を期して臨む姿勢も変わらないからだ。「運命は我々の手にかかっている」と人事を尽くす姿勢を貫く指揮官に率いられ、名古屋は継続性を持って神戸とのアウェー戦に臨む。

 今週のトレーニングではその負荷もさることながら、選手の闘争心をかきたてるメニューを取り入れ、メンタル面でのコンディショニングも万全。前節は体調面に不安があった田中マルクス闘莉王も「今回は体調も良い。それが救い」と語るなど、メンバーは良好な状態で試合への準備を進められている。唯一、シモビッチがハムストリングスの違和感で週頭の2日間の練習を休み、出場に黄信号が灯っていたが、木曜日のリカバリートレーニングには戻り、本人もラスト2試合出場への意欲を見せた。仮に彼が不在だとしても、練習から好調を維持している川又堅碁らが出番をうかがい、メンバー構成に問題はない。

 守備はジュロヴスキー監督就任以来その精度を上げ続けてきており、そう簡単には失点しない自信もチームに満ちてきた。残る課題は攻撃面に端を発する状況に応じたゲームマネジメントの部分だが、これも前節に見せた2トップとの併用に解決策は見出せそう。いずれにせよ、川又や松田力ら攻撃スタッフの迫力がそのカギを握る部分もあり、早急にチームの型として整備しておきたい部分ではある。

 それでも、選手たちに焦りや不安の色はない。神戸には今季公式戦2敗とやや分が悪いが、そのリベンジも含めて勝ち点3を奪い、残留ミッションを前進させたいところだ。(今井雄一朗)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO