FOLLOW US

元なでしこ監督の佐々木則夫氏、古巣大宮のトータルアドバイザーに就任

今年3月になでしこジャパンの監督を退任した佐々木則夫氏 [写真]=Getty Images

 大宮アルディージャは25日、11月1日から佐々木則夫氏がトータルアドバイザーに就任することで合意したと発表した。

 現在58歳の佐々木氏は選手時代、明治大学を卒業後に大宮の前身であるNTT関東サッカー部に入団。指導者としても同クラブを1996年から指揮し、1998年に「大宮アルディージャ」となり、クラブ初の監督となった。その後は強化部長やユースチーム監督などを歴任し、2006年まで大宮に関わり続けた。

 2008年にはなでしこジャパンの指揮官に就任。同年の北京オリンピックで日本史上初の4強入りに貢献した。2011年の女子ワールドカップ・ドイツ大会では初優勝。その後も2012年のロンドン五輪で銀メダルを獲得すると、2015年夏に行われた女子W杯カナダ大会では連覇を果たせなかったものの、チームを2大会連続の決勝に導いた。また、2011年にはFIFAバロンドール女子最優秀監督賞とAFC最優秀監督賞を受賞していた。

 しかし、なでしこは2月末から行われていたリオデジャネイロ五輪最終予選で4大会ぶりに五輪出場を逃し、3月に退任が発表されていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO