FOLLOW US

長崎が平和祈念ユニフォームを長崎原爆資料館に寄贈

長崎原爆資料館に寄贈された「平和祈念ユニフォーム」

 V・ファーレン長崎は9月23日、長崎原爆資料館を訪問し、夏季のホーム戦3試合で着用した「平和祈念ユニフォーム」を寄贈した。

 寄贈にあたり、キャプテンの村上佑介、GK富澤雅也、DF田上大地、MF中村慶太の4名が同館を訪問。平和祈念ユニフォーム、そしてサポーターらが作成した千羽鶴3万羽などを中村明俊館長に手渡した。

 訪問後、村上は「このユニフォームを着ることは、大きなものを背負うことを意味します。僕らはサッカー選手として平和について発信していければ」とコメント。

 ユニフォームや千羽鶴を受け取った中村館長は「長崎のサッカーチームであるV・ファーレン長崎が、このように平和祈念ユニフォームを着用することで、多くの人の関心が集まると思います。今後ともこうした活動を続けていっていただければと思います」と、長崎の取り組みに期待を寄せた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA