2016.09.30

【湘南vs柏プレビュー】好調をキープする柏に隙なし GK中村航輔ら守備陣も安定

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■湘南ベルマーレ 7月以来のリーグ戦白星へ、連敗脱出から波に乗れるか

 11試合ぶりの勝ち点だった。リーグ戦前節、ジュビロ磐田とのアウェイゲームに臨んだ湘南は、攻守の素早い切り替えとともに前向きなプレーを重ねて渡り合った。目指す勝ち点3には届かなかったが、GK村山智彦のスーパーセーブもあり、スコアレスドローでついに連敗を止めた。

 徳島ヴォルティスに4-0と快勝した天皇杯3回戦を経て、湘南らしい攻守にアクティブな戦いを見つめ直した。コンパクトな組織が連動を促し、ノンストップフットボールを実現する。残留争いのプレッシャーのかかる状況で、自分たちらしさを再確認し、勝ち点1に結んだ事実は意義深い。リーグ戦残り4試合、つかんだ感触をまずは今節に傾けたいところだ。

 今節ホームに迎える柏レイソルとは通算8勝4分14敗と負け越している。1stステージの対戦では、湘南が先制するも試合終了間際に柏が追いつき、1-1で勝ち点を分け合った。武富孝介や中川寛斗ら、かつて湘南でプレーした選手との再会も含め、白熱の印象が強いカードだけに、今回の対戦も熱い展開が期待される。

 連敗を脱した中で、勝利を得るためにはゴールが欠かせない。表裏一体の攻守を淀みなく繰り返す先で、できるだけ多くのチャンスを作りたい。くだんの磐田戦では、山田直輝が10試合ぶりにリーグ戦出場を果たし、17歳の齊藤未月は初先発を飾った。彼らをはじめ、選手たちの躍動は粛々と積み重ねる日々の大切さを示唆する。切磋琢磨を続ける彼らの一体感が、求める結果を近づける。(隈元大吾)

■柏レイソル 逆転のステージ制覇へ絶対に落とせない一戦

 直近のリーグ戦5試合は4勝1分という好成績を維持して上位を追走している。2ndステージ首位の浦和レッズとは勝ち点差「5」とやや開きがあり、すでに上位との直接対決を終えている。この差を縮めるためには当該のライバルチームが星を落とす他力が必要となる。とはいえ、ステージ優勝に向けてチーム全体のモチベーションは高く、「とにかく目の前の試合に全力を注ぐだけ」と選手たちは目前の1勝に集中して良い準備ができている様子だ。

 湘南戦は昨季から通じて2分1敗と勝ち星がない。昨年のBMWスタジアムでの対戦では湘南のプレスの餌食になり、0-3で完敗。柏にとっては昨季のシーズンワーストゲームと位置づけられる散々な試合だった。ただ、直近のリーグ戦では5戦無敗、天皇杯を含めた公式戦では7戦6勝1分という成績が示すとおりチームには勢いがあり、しかも現在は前線のクリスティアーノ、ディエゴ・オリヴェイラ、伊東純也のトライアングルが絶好調。中盤のパス回しに固執しすぎずシンプルに背後を突いて3トップのスピードを生かす展開も予想される。

 一時期は不安定さが目立った守備面も、9月以降は改善が見られる。中村航輔、中谷進之介、中山雄太を中心とした守備は直近のリーグ戦3試合で1失点と安定感を増し、隙がない。

 破壊力のある攻撃と安定感を増した守備。この攻守のバランスを絶妙に保てていることが、現在の柏の好調を支える最大の要因だ。(鈴木潤)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る