2016.09.23

【磐田vs湘南プレビュー】不振脱却へ 磐田はシステム変更とベテランDFの奮起に期待

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■ジュビロ磐田 主力に与えた十分な休息が勝利に結びつくか

 リーグ戦前節の鹿島アントラーズ戦で0-3の大敗を喫し、直近3試合で9失点。守備の立て直しは一向に進まず、悪い流れを断ち切れないまま湘南戦を迎える。

 不安材料は多い。鹿島戦でパパドプーロスが退場し、今節は出場停止。左太もも裏の肉離れの大井健太郎に次いで、守備の要を欠く。離脱者が出る中、控え選手のアピールを期待した天皇杯3回戦でも大宮アルディージャに5失点を喫した。チーム全体で、攻守の切り替えの遅さや球際の弱さが目立った。攻撃も不発に終わり、チームを勢いづかせる要素がないのも痛い。

 最悪な状況を打開しようと、名波浩監督は布陣変更を視野に入れる。2ndステージで採用し続けた3バックから、1stステージの基本布陣だった4-2-3-1に戻す可能性が高い。昨季J1昇格を果たし、今季前半戦で好調だったシステムに戻すことで連係は向上するだろう。先発は流動的だが、センターバックは藤田義明が森下俊とコンビを組みそうだ。出場すればJ1通算200試合目となる。ボール奪取に長けたベテランDFの奮起に期待したい。

 大宮戦は鹿島戦から先発8人を入れ替えた。ジェイやアダイウトンら主力の大半は遠征に帯同せず、中2日で迎える湘南戦に万全を期した。中盤の要となる川辺駿や宮崎智彦も休息十分。存分に力を発揮し、J1残留に大きく近づく勝利をつかめるか。(totoONE編集部)

■湘南ベルマーレ 連敗脱出へアグレッシブなスタイルを貫く

 黒星が続いている。湘南はリーグ戦前節、J1残留を争うアビスパ福岡をホームに迎え、0-2で敗れた。これで連敗は「10」を刻み、年間順位で福岡と入れ替わり18位となった。

 セカンドボールや球際で勝る相手に対し、湘南は立ち上がりに後手を踏んだ。だが、PKで先制を許すなど序盤こそ相手に譲ったものの、チームとして攻守に前向きな姿勢は、前々節のFC東京戦で見せた消極的な表情を払拭するに足るものだった。何より結果が求められている状況であったことは確かだが、チャンスの数でも相手を上回るなど、次につながる要素は多分に散りばめられていた。

 その翌週に行なわれた天皇杯3回戦では、J2の徳島ヴォルティスを相手に4-0の勝利を収めた。互いにリーグ戦からメンバーの入れ替わりがある中で、湘南は立ち上がりから素早い出足とともにハイプレスを仕掛け、奪うや常にゴールを意識した攻撃を展開した。切り替えも素早く、失ってもすぐに奪い返してゲームを主導した。自分たちらしいサッカーで躍動し、完勝という結果を導いたこの日の戦いは、今後のリーグ戦にきっと生きるに違いない。

 今節は磐田と対峙する。ホームで行なわれた1stステージの対戦では、粘り強い戦いとともに1-0の勝利を収めたが、通算成績では10勝4分15敗と湘南が負け越している。ただ、徳島戦で改めて示したように日々のトレーニングは裏切らない。攻守にアグレッシブな自分たちのスタイルを追求することが、求める結果を近づける。(隈元大吾)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る