2016.09.09

【予想スタメン】負傷者相次ぐ仙台と横浜FMが対戦 連敗中の仙台は茂木ら若手の奮起に期待

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第11節
9月10日 18:00 ベガルタ仙台 vs 横浜F・マリノス(@ユアテックスタジアム仙台)

■ベガルタ仙台 天皇杯敗退のショックから仕切り直しの一戦、けが人続出の攻撃陣が気掛かり

 仙台が正念場を迎えている。最近のJ1リーグ戦で連敗しているだけでなく、3日に行われた天皇杯2回戦でも敗戦。J3のグルージャ盛岡を相手に、今季最多の5失点を喫して完敗した。このショッキングな事態から立ち直り、何としても横浜FM戦で勝利して、悪い流れを止めなければいけない。

 ここで痛いのが、攻撃陣の負傷者がまだ多いということ。守備陣では平岡康裕が天皇杯から戦線に復帰し、大事をとって天皇杯出場を回避した菅井直樹も戻れそうだ。しかし、野沢拓也や金久保順、金園英学、梁勇基といった攻撃陣はまだ戻れず、途中加入のパブロ・ジオゴもこれからという時に負傷してしまった。代わって出る選手が奮起しなければならない。

 負傷者続出のチームを支えようと奮闘しているのが、若手選手たちだ。例えば、藤村慶太はMFとサイドバックのどちらでも出場できるように準備を続けている。また、注目したいのが2年目の茂木駿佑。最近は攻撃的MFで途中出場してチームに勢いを加えており、大敗した天皇杯でも左サイドから切れ込んで見事なゴールを決めた。リーグ戦での活躍にも期待したい。

 日程面では、ルヴァン杯や天皇杯2回戦を短い間隔で戦った横浜FMに対し、天皇杯2回戦から1週間の準備期間がある仙台の方が有利だ。だが、仙台はその優位性に甘えることなく、危機感を持って勝ち点3をもぎ取りたい。(totoONE編集部)

■横浜F・マリノス リーグ戦4試合ぶりの勝利へ、敵地仙台戦は7戦無敗と好印象

 リーグ戦前節は苦手の鹿島アントラーズと対戦し、一時は齋藤学のゴールで勝ち越したが、惜しくも2-2のドロー。首位川崎フロンターレとは勝ち点差「5」となった。仙台戦では4試合ぶりの勝ち点3獲得を目指す。

 ただ、チームの疲れ具合が気掛かりだ。ルヴァン杯準々決勝2試合を含み、15日間で公式戦5試合という連戦の最終戦。準決勝進出を決めたカップ戦で一度すべてを出し切った反動もあったろう。7日の天皇杯2回戦、福島ユナイテッドFC戦では90分間戦ってスコアが動かない。結局、延長戦の末、2-0で勝利したが、選手の多くは体が重く、攻守ともミスが頻発して苦戦した。中2日でどこまで回復し、立て直してくるか。守備への戻りは気をつけたいが、ここ数試合好セーブを連発しているGK榎本哲也が頼もしい。

 また、けが人も懸念材料だ。ゲームをコントロールするべき中村俊輔は1カ月間以上も戦線離脱中で、守備陣もここまで奮闘してきたボランチの喜田拓也とセンターバックのファビオが負傷した。だが、嬉しい復帰もある。左足を痛めていた中町公祐。約3週間ぶりの復帰戦となった天皇杯では途中出場し、いきなり決勝ゴールを奪い、存在感を示した。

 今節対戦するのは仙台。ホームで戦った開幕戦は0-1で敗れている。しかし、アウェーでは7戦無敗で2連勝中と好相性。ポジティブなイメージで臨めそうだ。(totoONE編集部)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る