2016.09.09

【予想スタメン】ルヴァン杯で大敗の広島、塩谷復帰も守備に不安あり 大宮は連戦の疲労が懸念材料

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第11節
9月10日 19:00 サンフレッチェ広島 vs 大宮アルディージャ(@エディオンスタジアム広島)

■サンフレッチェ広島 カップ戦で守備崩壊、逆転優勝へ“重圧”に打ち勝てるか

 森保一監督就任以来、記憶にないほどの大量失点。ルヴァン杯での広島は、大きな屈辱にまみれた。6失点はいずれも防げたはずで、自分たちの技術的、戦術的なミスから次々とゴールネットを揺らされ、応援に駆けつけたサポーターは呆然としていた。

 だが、その大敗の中にも収穫はある。例えば、2点目を決めた森崎浩司である。これまで負傷に次ぐ負傷でコンディションが上がってこなかったテクニシャンのFKは、GKが一歩も動けないほどの美しさと強烈さ。直接FKからゴールできないチームに大きな刺激を与えた。

 また、3点目を叩き込んだ皆川佑介にも注目だ。6失点して意気消沈してしまったチームに、走ることで刺激を与えて選手たちの顔を上げさせ、ミキッチのクロスをダイナミックなヘッドでゴールに叩き込む。サポーターの声援を浴び、球際を走り、裏へ飛び出すプレーは、これからの可能性を大きく感じさせた。

 崩れた守備を立て直すのは、決して簡単ではない。抜群の知性を生かした予測でピンチを未然に防いできた森崎和幸は両足に違和感を抱え、練習には参加しているものの、万全の状態ではない。ガンバ大阪戦を負傷のために欠場した塩谷司は復帰するものの、状態が万全だとは言いがたい。何よりも、広島最大の武器である「ボールを持つ守備」が安定せず、攻撃に急ぎ過ぎるあまりにリスクを負ってチャレンジしすぎ、ボールを失ってしまうケースが多いのが気掛かりだ。

 これから大型連勝を実現すれば、ステージ優勝もチャンピオンシップ出場も、逆転可能な位置にはいる。だが、もう1敗もできないという重圧が、選手たちにどう影響するか。広島は非常に難しい局面に立たされている。(紫熊倶楽部 中野和也)

■大宮アルディージャ 1stステージは4失点の大敗、チームの成長を見せたい

 今季、J1に昇格した大宮にとって、1stステージの広島戦は、J1とJ2のレベルの違いを改めて感じさせられる試合だった。その試合で喫した1-4の大敗は、試合内容を反映したものであり、J1で優勝争いをするクラブに力の差を見せつけられた。あれから約半年が経って迎える今回の試合は、どれだけチームが成長したかを確認する場となる。とはいえ、ここまで2ndステージでは、1stステージで勝てなかった相手に勝てていないため、それほど簡単にことは進まないだろう。

 代表活動期間中には、3試合を戦った。史上初の4強入りを目指したルヴァン杯では、アウェーゴールの差で横浜F・マリノスに敗れてしまう。直近の試合となった天皇杯2回戦のガイナーレ鳥取戦では、26分にDF山越康平が退場したものの、FWネイツ・ペチュニクがゴールを決め、10人で勝ち切った。数的不利の状況で勝てたことは収穫だが、多くの選手に疲労が残ったのも事実。今節の試合では、多くの選手を入れ替えて臨むことになるはずだ。

 前節は出場停止で、ルヴァン杯準々決勝の第2戦以降はプレーしていない攻撃の核であるFW家長昭博が復帰する見込み。一方、手痛いのがDF和田拓也の負傷だ。左右の両サイドをそつなくこなす和田は、攻撃的なサイドバックが多いチームにあって唯一、守備的な存在であり、これまでも多くの試合でチームを助けてきた。シーズン中の復帰も危ぶまれているが、彼の穴をどう埋めていくかが、チームが目標に掲げた年間勝ち点「48」達成のカギになりそうだ。(totoONE編集部)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る