2016.09.09

【予想スタメン】残留争う新潟と名古屋が激突…“超強力助っ人”闘莉王は復帰後初先発へ

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第11節
9月10日 19:00 アルビレックス新潟 vs 名古屋グランパス(@デンカビッグスワンスタジアム)

■アルビレックス新潟 天皇杯では守備の課題を露呈、非公開練習で立て直し図る

 天皇杯2回戦では、昨季の大学4冠、関西学院大に先制を許し、一度は逆転しながら後半終了間際に失点。延長戦の末、5-3で勝利した。

 リーグ前節のサガン鳥栖戦で、今季のチームで唯一、全試合に先発出場を続けていた大野和成が右ひざを負傷。代役として西村竜馬が起用された関西学院大戦で3失点を喫し、GKとDFとの連係に乱れも見られたが、吉田達磨監督は構成の変わった最終ラインより、フィルターとして機能しなかった中盤に原因があるとする。

 元より、「天皇杯は次に進むことが唯一無二の目的。名古屋戦に、勝ち上がって臨むのと、大会から敗退して臨むのとでは大きな違いがある」という指揮官の考えは、チーム全体に浸透。120分を戦い終えた選手たちは、すぐに名古屋戦に切り替えた。

 2日間のオフを取り、心身ともにリフレッシュしたチームは、今週の練習をすべて非公開として、名古屋戦に向け集中して準備を進めてきた。対戦相手の分析もいつも以上に入念で、ボスコ・ジュロブスキー新監督になってからの公式戦2試合を基に、ミーティングを通じて攻略ポイントがチームに落とし込まれているようだ。

 関西学院大戦では、ラファエル・シルバが自身初という1試合4得点の離れ業を演じた。「学生相手とはいえ、公式戦で4得点はすごいこと。それも、力まず決めているのが良い」と、吉田監督も調子が上向くエースのリーグ戦での爆発に期待する。(totoONE編集部)

■名古屋グランパス 闘莉王の電撃復帰で他選手に刺激、高さ揃うセットプレーは脅威

 残留への可能性をつなぐためには、勝つしかない一戦である。先週末に行われたJ3のAC長野パルセイロとの天皇杯2回戦ではまさかの敗戦を喫し、これで良くも悪くも今季はリーグ戦を戦うのみとなった。勝ち点「7」差で追うヴァンフォーレ甲府と新潟にまずは追いつくためにも、直接対決となる今節では、手段を選ばず勝ち点「3」のみを考えた戦い方も必要になってくるだろう。新潟も負けられない一戦だけに熱戦は必至。まずはメンタル面からして後れを取るわけにはいかないゲームとなってくる。

 だが、チームには追い風も吹き始めている。その第一は、やはり田中マルクス闘莉王の復帰である。今節から出場が可能になる土壇場での超強力助っ人は、すでに新チームに馴染むどころか、もはやチームリーダーの風格すら漂わせる。ポゼッション志向に大きく舵を切ったチームにとっては、ゲームメイクが上手くフィードで味方を走らせることもできる闘莉王の存在は心強い限り。厳しくも的確な指示によって永井謙佑や田口泰士をはじめ、多くの選手が本来の動きを取り戻しつつあるのも朗報で、特に永井については本領発揮の予感も漂ってきた。

 闘莉王について、フィジカルコンディションに不安は残るものの、正確なポジショニングと状況を読む力、周囲を動かすコーチングなどで十分にカバーは可能な範囲で、セットプレーでの得点力にも十分に期待ができる。彼の加入にタイミングを合わせるようにして、シモビッチや明神智和など負傷者も続々と復帰してきており、チームの総合力としても今が今季最高の域に達した。ハ・デソン、田口、そして闘莉王とパサーが各ラインに揃った中で、永井や川又堅碁の得点チャンスも増えるはずで、その点でも期待感は膨らんでくる。勝負を決めたい局面では、闘莉王と矢野貴章、そしてシモビッチがゴール前に揃うセットプレーを繰り出せるかと思うと脅威である。

 勝つための準備と戦力は揃った。あとは実際に勝つだけというところまで、名古屋は仕上がってきている。(今井雄一朗)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る