2016.08.26

小倉監督休養の名古屋、DF闘莉王が電撃復帰 28日にもチームに合流へ

田中マルクス闘莉王
昨季まで名古屋でプレーした闘莉王の電撃復帰が決まった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 名古屋グランパスは26日、元日本代表DF田中マルクス闘莉王が加入すると発表した。同選手は2010年から昨シーズンまで名古屋でプレーしており、約8カ月ぶりの復帰となる。

 名古屋は今シーズン、小倉隆史氏がGM(ゼネラルマネージャー)兼監督を務める形で開幕を迎えたが、2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第9節終了時点で年間勝ち点16位と低迷。今月23日に同監督の休養が決定し、後任の指揮官をアシスタントコーチのボスコ・ジュロヴスキー氏が務めると発表していた。

 今シーズンのファーストステージを14位で終えた名古屋は現在、クラブ史上ワーストとなるリーグ戦17試合勝ちなしと苦しい時期が続いている。セカンドステージは2分7敗の勝ち点2で最下位に沈み、年間勝ち点ではJ2リーグ降格圏内の16位に低迷。15位のヴァンフォーレ甲府とは勝ち点差「7」となっており、降格の危機に瀕している。

 闘莉王は1981年生まれの35歳。渋谷幕張高校出身で、2001年にサンフレッチェ広島に加入した。2003年に水戸ホーリーホックに移籍し、2004年には浦和レッズに加入。2006年にはクラブ初のJ1リーグ優勝へ導き、Jリーグ最優秀選手賞を受賞した。2010年に名古屋に移籍すると、同年のJ1リーグ制覇に貢献。6シーズンに渡って名古屋でプレーしたが、今年1月9日に退団が発表されていた。

 闘莉王はキャリア通算でJ1リーグ388試合に出場し、75ゴールを記録。日本代表としても長きに渡って活躍し、2006年にイビチャ・オシム監督の下で初招集を受けると、2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場するなど、国際Aマッチ43試合出場で8ゴールを記録している。

 低迷するチームの救世主となるべく、約8カ月ぶりに名古屋への復帰が決まった闘莉王。1993年のJリーグ創設時からトップリーグでの戦いを続ける“オリジナル10”の1つである名古屋を降格危機から救うことはできるだろうか。

 名古屋は次節、27日にFC東京とのホームゲームに臨むが、闘莉王は28日からチームに合流すると発表されており、同選手がピッチに立つのは9月3日に予定されている天皇杯2回戦以降となる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る