2016.08.19

【予想スタメン】今季3度目の“ダブル”を狙う大宮、仙台の好調2トップを抑えられるか

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第9節
8月20日 18:30 大宮アルディージャ vs ベガルタ仙台(@NACK5スタジアム大宮)

■大宮アルディージャ 前節は痛恨のドロー決着、自慢の堅守を取り戻せるか

 今季3度目の連勝を目指した前節の横浜F・マリノス戦は、粘り強い守備で相手の攻撃をかわし、泉澤仁の豪快なミドルシュートで先制した。ところが勝利が目の前に近づいた後半アディショナルタイムに失点を喫し、同点に追いつかれてしまう。前回の横浜FM戦でも同じように終盤にゴールを決められて引き分けに持ち込まれていたことに加え、この試合では相手が退場者を出して数的優位の状況にあっただけに、チームが負ったダメージは大きい。

 数的優位という状況が、守備に綻びをつくった可能性はある。少ない相手からなら、もう1点取れるのではないか。そういう思いが前線の選手にあれば、フィールドプレーヤー9人全員で攻めてくる相手の攻撃を防ぐのは難しい。自分たちが今置かれている状況で、どのように戦うべきなのか。ピッチに立っている全員の意思を統一する必要性は、横浜FM戦で身に染みたはずだ。

 今節で対戦する仙台とのこれまでの対戦成績は、12勝5分11敗とほぼ互角。それでも直近5試合の対戦成績は、2勝2分1敗となっている。1stステージでも1-0と勝利しているが、今季は複数得点を挙げられた試合が5試合のみと少ないため、堅守を保つことが勝利するための絶対条件だ。

 負傷を抱えていた黒川淳史、奥井諒が全体練習に合流したことは明るい話題だが、まだ試合に出場できるコンディションではないだろう。1stステージで勝利した名古屋グランパスとアビスパ福岡には2ndステージでも勝利しているだけに、仙台にも“ダブル”を狙っていきたい。(totoONE編集部)

■ベガルタ仙台 負傷者続出も代役選手たちが奮闘、梁勇基は今節から復帰濃厚

 好調仙台の次なる相手は、J1・1st第12節で黒星を喫した大宮だ。ホームで無得点に抑えられた相手を崩し、連勝を「3」に伸ばしたい。

 前回対戦で決勝点を決められた家長昭博への対策や、大宮の堅固な守備をどうやって攻略するかなどといったポイントはあるが、仙台はまず自らのチーム状況を改善させたい。結果は出しているものの、チーム内には依然として負傷者が多い。彼らに代わって出場のチャンスを得た選手が奮闘している反面、選手層を厚くするためにも少しでも多くの選手の復帰が待たれるところだ。

 特に左サイドバックは本職の選手を欠いている状態だ。前節は小島雅也が先発出場し、途中から藤村慶太が後を受けてこのポジションをこなした。次節の先発候補はこの二人となりそうだが、守備の安定感を考えれば藤村がリードか。

 藤村がサイドバックに移った場合のサイドハーフも見どころだ。負傷で前節を休んだ梁勇基の復帰が濃厚だが、ここ2試合で活躍した茂木駿佑やパブロ・ジオゴを右に投入し、左に奥埜博亮を回す形も考えられる。後方のサイドバックとの連係も加えて、ベストの人選は誰になるのか注目したい。

 最前線ではブラジル人2トップが好調だ。ハモン・ロペスは前節に2得点し、加えて相手のオウンゴールにつながるクロスも供給した。ウイルソンも前節得点して揃い踏みし、相手にとっては簡単に止められないコンビとなっている。今節も好調を続けたい。(totoONE編集部)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る