2016.08.19

【予想スタメン】小林移籍の磐田は助っ人4選手がそろって先発か、本拠地では鳥栖に無敗

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第9節
8月20日 19:00 ジュビロ磐田 vs サガン鳥栖(@ヤマハスタジアム)

■ジュビロ磐田 小林の代役は川辺が濃厚、クラブワースト記録の樹立は回避したい

 磐田は泥沼の3連敗中。前節はホームでガンバ大阪に零封負けを喫し、1シーズンのクラブワースト9戦負けなしまであと「1」に迫った。さらに、日本代表MF小林祐希がオランダ1部のヘーレンフェインに移籍し、G大阪戦後にチームを離れた。攻撃の要が抜けた穴は大きく、チームは降格争いの正念場に立たされた。

 今節は小林が君臨していたトップ下に、前節までボランチの川辺駿が入りそうだ。持ち味の縦への推進力を発揮し、小林とは違う攻撃を見せてほしい。ボランチには上田康太が6戦ぶりに先発で起用される見通し。昨季J1昇格に貢献したゲームキャプテンにも期待したい。

 前節はサイドを崩されて2失点。失点シーン以外にも3バックの脇を突かれて再三ピンチを招いた。チームの弱点は顕著。一刻も早く克服したい。一方で、朗報もある。ボランチの宮崎智彦、DFパパドプーロスが出場停止明け。股関節を痛めていたGKカミンスキーも約3カ月半ぶりに先発復帰すると見られる。

 2ndステージ4位と好調の鳥栖をホームに迎えるが、ヤマハスタジアムでは1勝1分と負けなし。1stステージでは敵地で今季初完封を飾った。相性の良さを生かして2ndステージ初勝利を挙げ、浮上のきっかけにしたいところだ。(totoONE編集部)

■サガン鳥栖 前節は攻撃自慢の川崎に完封勝利、磐田のサイド攻撃には要注意

 前節、2ndステージと年間順位でトップに立っていた川崎フロンターレを相手に無失点で快勝した鳥栖。前々節にG大阪を相手に喫した逆転負けの悔しさをホームで晴らしただけでなく、年間順位で首位を走り、今季リーグ戦で2つしか無得点試合のなかった川崎の強力な攻撃陣を封じたことでチームは勢いを増した。

 今節は3年ぶりとなるヤマハスタジアムで磐田と対戦するが、このスタジアムで鳥栖は1分1敗と勝利なし。その一方でエースの豊田陽平は2試合で4ゴールと相性の良さを見せている。鳥栖が前節に見せた堅い守備を保ち、豊田が相性の良さを発揮できれば鳥栖が大きく勝利に近づく。

 ただし、アウェーのここ2試合連続で2失点を喫している。特にクロスに対する守備に若干の不安を抱えており、この点をいかに修正して今節に臨めるかが課題。磐田はクロスから前線のジェイや森島康仁の高さを生かす攻撃をしてくるだけに鳥栖ゴール前での攻防がひとつのポイントになる。マッシモ・フィッカデンティ監督は「誰が出てくるかわからないですが、ジェイが出てくるとしたら高さは強烈なものがある。そういうシーンを作らせないこと」と磐田のクロスを中心として攻撃を警戒した。右サイドバックの藤田優人も磐田のクロスに対して、「右サイドで上げさせないこと。左から上げられたらしっかり絞ること」と話した。2ndステージ上位進出のために、鳥栖がヤマハスタジアムでの初勝利を目指す。(荒木英喜)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る