2016.08.13

浦和、名古屋下して10試合負けなしの4連勝…GK西川が2戦連続アシスト

浦和レッズ
武藤(左)の先制ゴールを祝う浦和の選手たち [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第8節が13日に行われ、名古屋グランパスと浦和レッズが対戦した。

 15戦未勝利の名古屋が9戦無敗で3連勝中の浦和をホームに迎えての一戦。名古屋にとっては強敵が相手だが、残留に向けてなんとか勝ち点をもぎ取りたい。前節ケガからの復帰を果たした主将のMF田口泰士やFW永井謙佑らが先発に名を連ねている。一方の浦和はセカンドステージで首位川崎フロンターレと同勝ち点の2位と好調を維持。4連勝をかけて、FW武藤雄樹、FW李忠成らが先発起用された。

 最初にチャンスを作ったのは浦和。6分、柏木陽介が蹴った左CKに、中央でフリーとなっていた槙野智章がヘディングで合わせたが、シュートは枠の上に外れてしまった。続く10分、カウンターを仕掛けると、右サイドをドリブルで駆け上がった武藤がエリア内右に侵入し、そのまま右足で狙う。だが、ここは枠の左へ逸れた。

 その後も主導権を握った浦和だったが、引いて守る名古屋の守備をなかなか崩し切ることができない。それでも44分、細かくパスを繋いで攻めこむと、エリア手前中央の柏木が鋭い縦パスを送り、これをエリア内右で受けた武藤がワントラップから左足で狙う。グラウンダーのシュートがゴール左に決まり、武藤の3試合連続ゴールで浦和が先制に成功した。

 前半はこのまま1-0で折り返す。

 浦和は58分、エリア手前左から高木俊幸が右足でミドルシュートを放ったが、GK楢崎正剛のセーブに阻まれた。一方の名古屋は60分、エリア手前中央でパスを受けた田口が右足で狙ったが、シュートは大きく枠の上に外れてしまった。

 1点を追いかける名古屋は61分、明神智和に代えて小川佳純を投入。さらに69分には和泉竜司との交代で松田力をピッチへ送り出す。対する浦和も71分、李に代えてズラタンを投入した。

 75分、浦和は右サイドから攻撃すると、関根がグラインダーのクロスを供給。フリーのズラタンが右足ダイレクトで合わせたが、シュートは大きく枠の上に外れた。

 終盤に差し掛かった87分、浦和が試合を決定づけるゴールを奪う。自陣からのFKをGK西川周作が前線に送ると、エリア内左に抜けだしたズラタンが飛び出したGK楢崎の頭上を超えるループシュートを決めた。GK西川にとっては前節に続いて2試合連続のアシストとなった。

 試合はこのまま2-0で終了。浦和が4連勝を飾り、名古屋は16試合白星なしとなった。

 次節、名古屋は20日に敵地で柏レイソルと、浦和はホームで川崎と対戦する。

【スコア】
名古屋グランパス 0-2 浦和レッズ

【得点者】
0-1 44分 武藤雄樹(浦和)
0-2 87分 ズラタン(浦和)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る