FOLLOW US

【予想スタメン】2ndステージ無敗の横浜FM、得意のセットプレーが大宮撃破のカギ

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第8節
8月13日 19:00 横浜F・マリノス vs 大宮アルディージャ(@ニッパツ三ツ沢球技場)

■横浜F・マリノス 2ndステージは3位に位置、中村は欠場濃厚も天野が好調

 前節は敵地での柏レイソル戦に2-1で勝利。開幕3連勝を飾ったJ1・2nd第3節以来、4試合ぶりの勝ち点3を獲得し、エリク・モンバエルツ監督は「また勝利の喜びを取り戻す上で大事な勝利でした」。未だ無敗をキープする2ndステージの順位は、これで3位へと浮上した。

 柏戦ではトップ下の中村俊輔が左足甲を痛めた影響などで不在という苦しい状況を、プロ3年目の25歳天野純が好パフォーマンスで救った。先制点は鋭いクロスを送り込んでオウンゴールを誘い、中町公祐の決勝点は天野が蹴った右CKが起点となった。今節も中村は別メニュー調整中で欠場する可能性が高い。「チームが勝てたことが一番大きい」と自信をつけた天野が公式戦初出場初ゴールを決めた思い出の地、ニッパツ三ツ沢球技場でモチベーションを維持して挑む。一方で齋藤学が負傷のため、11日の練習を途中で切り上げたことは心配材料。マルティノスとの両サイドが多くの決定機を生んでいるだけに、欠場になれば大幅な戦力ダウンは避けられない。

 今節の相手は、ルヴァンカップ準々決勝でも対戦する大宮だ。1stステージでは、終始試合を優位に進めながら1-1で引き分けた。今回もボールを保持する時間は長くなりそうで、前回対戦からの違いを示したい。大宮とはホーム試合で4戦負けなし(3勝1分)で、舞台となるニッパツは今季公式戦4勝1敗。得意のホームで連勝を狙う。(totoONE編集部)

■大宮アルディージャ 前節は復帰直後の家長が決勝点を記録、GK塩田も好パフォーマンスを披露

 前節のアビスパ福岡戦は、1-0で勝利。連敗を「2」でストップしただけでなく、6試合ぶりに勝ち点3を手にすることができた。やはりFW家長昭博が復帰した意味は大きかった。これまでの試合でボールを保持できていなかった大宮だが、ボールの収まる家長が入ったことで、序盤から試合の主導権を握ることに成功。左右のサイドハーフに入った泉澤仁、マテウスがチャンスに絡むなど、人数を掛けた攻撃を見せることができた。そして69分には、CKの流れから家長が自らこの試合の決勝点となるゴールを決めてみせた。

 ここまで失点が続いていた守備では、GK塩田仁史が先発で起用され、キャプテンの菊地光将が負傷から復帰した。経験豊富な2人の存在によって守備は引き締まる。特に3月20日のサンフレッチェ広島戦以来のリーグ戦スタメンとなった塩田は、好セーブを何度も見せて無失点に大きく貢献した。

 途中出場した選手たちも、しっかりとそれぞれの役割を果たして得た勝利を続けるべく、今節は横浜FMと対戦する。渋谷洋樹監督は、週中に試合が入らない限りは、比較的に結果を残したチームをいじらない傾向にあるため、今節も前節と同じメンバーがスタメンに立つと予想される。

 今季はまだ連勝がなく、横浜FMとの前回対戦では、試合終了間際の90分に元大宮の下平匠に同点ゴールを決められた。前節も菊地、河本裕之を中心に体を張った守備を見せたが、相手に与えた直接FKは「11」、CKも「9」と多くのセットプレーを蹴る機会を与えた。横浜FMには、中澤佑二を筆頭に、セットプレーに強い選手が多いだけに警戒したいポイントだ。(totoONE編集部)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO