FOLLOW US

【予想スタメン】16戦無敗の川崎、森谷と長谷川が先発か…鳥栖は記念ユニで勝利を誓う

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第8節
8月13日 19:00 サガン鳥栖 vs 川崎フロンターレ(@ベストアメニティスタジアム)

■サガン鳥栖 前節で2ndステージ初黒星も、エースの豊田が記録達成と絶好調

 前節のガンバ大阪戦で2ndステージ初の黒星を喫した鳥栖。一度はリードしたが、集中力を欠いたようなプレーからもったいない失点をして逆転を許した。ただ、チームとしては狙いどおりのサッカーがある程度できており、悲観することはない。今週のミーティングでマッシモ・フィッカデンティ監督は、「これまでの良い流れが(この敗戦で)途切れることはない」と伝えている。また、豊田陽平はこの試合で挙げたゴールで、7年連続2桁得点(J2での2年を含む)を達成した。

 今節の相手、川崎には1stステージの対戦で、試合終了間際に失点して敗れた。だが、キャプテンの金民友が「みんなで良い内容のサッカーをした」と振り返ったように、互角以上の戦いで手応えをつかんだ。

 そしてこの試合は鳥栖が毎年ソフトバンクホークスと行っている『鷹の祭典コラボスペシャルマッチ』として、選手はこの日だけの記念ユニフォームを着用し、来場者全員にユニフォームをプレゼントするため、スタジアムは満員になる予定。この日だけのスペシャルなブルーに身を包んだ多くのサポーターの声援を背に受け、鳥栖イレブンがピッチ上で躍動するに違いない。ただし、これまでに行なった記念ユニフォーム試合は6試合あるが、1勝1分4敗と負け越している。果たして今年は勝利を飾り、サポーターと一緒に喜ぶことができるか。(荒木英喜)

■川崎フロンターレ 前節は4発快勝で無敗継続、車屋に代わって武岡が先発へ

 前節のヴァンフォーレ甲府戦は4-0の勝利。相手の枠内シュートを0本に抑えた完勝だった。しかしこの試合を振り返った中村憲剛が述べているのは、反省点である。「もっと自分たちの質を高められれば、4-0じゃ済まない試合だった。満足するというよりも、足りないものを追い求めている状態ですね」。16試合負けなしのチーム内に漂っているのは、「勝てば良い」という姿勢ではない。勝ち方を追求するという、貪欲な雰囲気だと言える。

 リーグ戦は3試合先発メンバーを固定していたが、チームにとって痛いのは、左サイドバックの車屋紳太郎の負傷離脱だ。今節の出場は難しい模様で、この位置には古巣戦ともなる武岡優斗の先発起用が濃厚だ。さらに風間八宏監督は前線のメンバーの入れ替えも示唆。森谷賢太郎や長谷川竜也といった、ここ最近出場機会がなく、出番に飢えている選手たちが起用される可能性がありそうだ。「自分がやれることは、そう多くない。やれることを100%やりたい」と話す長谷川とともに、前線の流動性ある攻撃は注目といえる。

 そして何と言ってもJリーグ記録に並ぶ8試合連続得点がかかっている小林悠。「期待は感じます。でもそれをプレッシャーにするんじゃなくて、今までどおりにやろうと思ってます」と本人はリラックスしている状態だ。注目を集める試合だが、チームは気負いなく臨む。(いしかわごう)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO