2016.08.05

【予想スタメン】先発濃厚のFC東京FW前田、記録達成なるか…白星遠い磐田はジェイ外し

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第7節
8月6日 19:00 FC東京 vs ジュビロ磐田(@味の素スタジアム)

■FC東京 新監督の初戦は完封勝利、橋本の代役は田邉が濃厚

 篠田善之監督の初陣となった前節アルビレックス新潟戦。ハードワークをベースとし、ボールを奪うと速い攻撃を仕掛け、東慶悟が今季初得点をマークした。試合終盤には、吉本一謙を投入。5バックにして守り切るなど、勝利に対する執念も発揮し、4試合ぶりの勝ち点3をもぎ取った。相手のボール支配を許した時間帯に、全体の重心が下がり過ぎるなど、まだ課題も多く残ったが、「躍動感のあるスタイル」を掲げる監督の下、選手たちが自信を取り戻す一戦となった。

 だが、橋本拳人が肉離れを負い、チームを離脱。新潟戦では田邉草民が穴を埋める格好となったが、米本拓司に加え、ボランチに故障者が続き、ダメージは大きい。今節は、野澤英之の起用の可能性もあるが、攻守のバランスの観点から、高橋秀人と田邉のダブルボランチが濃厚か。

 今節に向けたトレーニングでも、「まずは練習量を確保」(篠田監督)し、前節の勢いを継続しながら、質を高めていく心つもりだ。特に1トップの前田遼一を起点として、ムリキ、河野広貴、東慶悟らのコンビネーションがさらに高まっていけば、得点力アップが望めるだろう。

 前節9試合ぶりに先発した前田は、「当たり前のことを当たり前にやり切りたい」と気負いはないが、前線からプレスをかけるスタイルに、彼の献身性は不可欠。自身は5月29日G大阪以降ゴールからは遠ざかっているが、古巣との対戦で、メモリアルとなるJ1通算150得点達成にも期待をかけたい。(totoONE編集部)

■ジュビロ磐田 前節は逆転負けで5試合ぶりの黒星、先発3人を入れ替えか

 4試合連続ドローだった磐田は前節、柏に逆転負けを喫した。粘り強い戦いで勝ち点を積み上げてきたが、2ndステージ初勝利はまたもお預け。ジェイが交代後に投げたペットボトルがピッチに入り、警告を受ける事態も発生した。この行動を問題視した名波浩監督は試合後、F東京戦でのエースの欠場を明言。5試合ぶりの黒星は後味も悪かった。

 柏戦は先取点を奪うまで磐田ペースで試合を運んだが、その後は相手に主導権を握られた。柏の巧みなパス回しに苦しんで体力を奪われ、全体が間延び。磐田の生命線でもある前線からの積極的な守備が機能しなかった。蒸し暑い中での試合運びは大きな課題。ボールを支配しながら体力を温存する戦いができるかどうかも問われる。

 嫌な雰囲気が漂うが、今季の磐田は連敗が1度もない。柏戦後には選手同士で話し合い、ぶれずに戦うことを確認した。これまで見せてきた修正力の高さを再び発揮したい。大幅なメンバー交代が予想される。森島康仁が16試合ぶり、山本康裕が6試合ぶり、藤田義明が4試合ぶりに先発する可能性が高い。出番を待ちわびた選手の活躍で浮上のきっかけをつかみたい。GK志村滉にも注目だ。J1デビューを果たした6月のホーム戦は無失点に抑えた。ビッグセーブを連発し、好印象の相手に堂々と立ち向かう。

 会場の味の素スタジアムは、J1、J2通算9勝2分5敗と勝ち越している。J2だった昨季の東京V戦は前半早々に退場者を出しながら完封勝利を飾った。スタジアムとの相性の良さも味方にしたいところだ。(totoONE編集部)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
78pt
横浜FC
73pt
大宮
73pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
59pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る