FOLLOW US

鳥栖が今夏2人目の外国籍選手補強…アルジェリア出身、英国籍MF加入

鳥栖加入が基本合意に達したMFタハール [写真]=Getty Images

 サガン鳥栖は8月4日、アルジェリア出身のイギリス人MFアイメン・タハールの加入が基本合意に達したと発表した。

 タハールは1989年生まれの26歳。アルジェリア出身で、イギリス国籍を有している。イングランドのシェフィールド・ユナイテッドやルーマニアのガズ・メタン・メディアシュ、ステアウア・ブカレスト、ポルトガルのボアヴィスタでプレーしてきた。

 鳥栖は同選手について、出場登録などの手続きが完了次第、本人のコメントとともに追って発表すると伝えている。同クラブは7月22日にモロッコ人FWムスタファ・エル・カビルの加入を発表しており、今夏2人目の外国籍選手補強となった。

 鳥栖は明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節終了時点で8勝7分け8敗の勝ち点31、年間勝ち点9位。セカンドステージは開幕6試合で4勝2分けと好調で、3位につけている。次節は6日、ガンバ大阪とアウェーで対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA