FOLLOW US

横浜FM、名古屋の守備を崩し切れず…3戦連続ドローで優勝争いから一歩後退

名古屋戦に出場した中澤佑二。横浜FMは3試合連続のドローとなった [写真]=大木雄介

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節が30日に行われ、横浜F・マリノス名古屋グランパスが対戦した。

 横浜FMはセカンドステージに入って3勝2分けと無敗を維持。ここ2試合はドローに終わっているものの、首位に立つ川崎フロンターレとの勝ち点差はわずかに「2」と、ステージ優勝を狙える位置につけているだけに、3試合ぶりの白星を掴みたい。対する名古屋は13試合勝ちがなく、セカンドステージ最下位、年間順位でも17位と苦しんでいる。クラブは小倉隆史監督の続投を強調しているが、サポーターのためにもなんとか結果がほしいところだ。

 ホームの横浜FMは9分、右サイドでボールを持ったマルティノスがカットインから左足で狙ったが、シュートはGKの正面に飛んだ。さらに21分、浮き玉のパスでディフェンスラインの裏に抜け出した富樫敬真がエリア内左から左足でシュートを放つ。しかしここもGKにキャッチされてしまった。

 43分にはセットプレーのこぼれ球をつなぐと、右からのクロスがエリア内左でフリーとなったカイケのもとへ渡る。しかしうまくコントロールすることができず、得点には繋げられなかった。このままスコアレスで前半を折り返す。

 後半に入り63分、名古屋は永井謙佑がシモビッチをのコンビネーションでエリア内左に侵入。左足でシュートを狙ったが、ここはDFのブロックに阻まれた。

 横浜FMは85分、齋藤学がエリア手前右から右足ミドルを放ったが、DFに当たったシュートは枠の上に外れてしまう。88分には右サイドからマルティノスがクロスを入れると、DFに当たったボールがゴール方向へ飛んだが、枠の左に逸れた。

 さらに後半アディショナルタイム3分には右からのクロスがエリア内左でフリーとなっていた金井貢史のもとへ渡ったが、胸トラップから右足で放ったシュートはわずかにゴール左へ外れた。

 試合は結局このままスコアレスで終了。横浜FMは3試合連続のドローとなり、優勝争いから一歩後退。名古屋は14試合白星なしとなったが、無失点に抑えて勝ち点1を獲得した。

 次節、横浜FMは8月6日に柏レイソルと、名古屋は同日にサンフレッチェ広島とそれぞれ敵地で対戦する。

【スコア】
横浜F・マリノス 0-0 名古屋グランパス

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO