2016.07.23

川崎、小林悠の5戦連発弾で“多摩川クラシコ”制す…FC東京は3連敗

川崎フロンターレ
小林悠のゴールを喜ぶ川崎メンバー [写真]=清原茂樹
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第5節が23日に行われ、川崎フロンターレFC東京が対戦した。



 年間首位の川崎と同9位のFC東京が激突する今季2度目の “多摩川クラシコ”。セカンドステージに入って3勝1分けと好調の川崎は、リオデジャネイロ・オリンピックによりMF大島僚太とMF原川力が離脱。だが、9日の同第2節名古屋グランパス戦で負傷し、3〜4週間の離脱と診断されていた主将MF中村憲剛がわずか2週間で復帰を果たし、4試合連続ゴール中のFW小林悠らと先発メンバーに名を連ねた。

 対して、セカンドステージから1勝3敗と苦しい戦いが続いているFC東京。今節は2連敗中の“多摩川クラシコ”で白星を狙う。また、川崎と同様にDF室屋成とMF中島翔哉の2名がリオ五輪のため離脱。今節はFWムリキやMF東慶悟らが先発入りし、19歳のDF小川諒也も左サイドバックで4試合ぶりの先発出場となった。

 前半は川崎が主導権を握る。15分、右サイドから大久保嘉人が鋭いパスを供給。ペナルティエリア手前中央でボールを受けた橋本晃司が左足を振り抜くが、シュートはクロスバー直撃。23分にはエリア手前右から大久保が強烈なミドルシュートを放つが、これはGK秋元陽太にセーブされた。

 一方のFC東京は33分にアクシデント発生。米本拓司がプレー中に負傷し、右ひざを抱えて倒れこむ。試合が一時中断し、35分に米本はそのまま担架で運び出されて、高橋秀人との交代を強いられた。

 川崎は45分、エリア内でキープした小林の落としに、中村がエリア手前中央で右足ダイレクトシュート。だがこれもGK秋元陽太にキャッチされた。前半はこのままスコアレスで折り返す。

 後半に入ってFC東京は65分、高橋が縦への絶妙なスルーパスを入れる。反応したムリキがエリア内右に抜け出し、GKとの1対1で右足を振り抜くが、シュートはGKチョン・ソンリョンの好セーブに阻まれた。一方の川崎は67分、右サイドからの折り返しを受けた小林が、エリア内右で右足を振り抜くが、シュートは枠を捉えられなかった。

 81分、ついに均衡が破れる。エリア内左に抜け出した車屋紳太郎がクロスを供給。中央で小林が頭で合わせてゴール左隅に決めた。小林は5戦連発で、2003年から2011年に在籍したジュニーニョが持つクラブ記録に並んだ。

 FC東京も終盤に猛攻を見せるが、試合はこのままタイムアップ。川崎が1-0で“多摩川クラシコ”を制し、年間首位の座をキープした。一方、敗れたFC東京は3連敗となった。

【スコア】
川崎フロンターレ 1-0 FC東京

【得点者】
1-0 81分 小林悠(川崎)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
56pt
FC東京
56pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
72pt
山形
64pt
横浜FC
64pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
52pt
藤枝
50pt
群馬
49pt
Jリーグ順位をもっと見る