2016.07.20

話題のサッカー放映権料、Jリーグは2100億円の契約…世界の相場は?

欧州やお隣中国のサッカー放映権料とは? [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは20日、デジタル・スポーツコンテンツ&メディア企業『Perform Group』のスポーツライブストリーミングサービス『DAZN』と放映権契約を締結したことを発表した。

 今回の契約で2017年シーズンから10年間、Jリーグに総額約2100億円の放映権料が支払われることが決まった。高額移籍金での“爆買い”で有名な中国スーパーリーグや、“バブル”が続くイングランド・プレミアリーグなども、新たに2016年からの契約を締結しており、世界でも放映権料が話題となっている。注目が集まる中国と欧州5大リーグの放映権契約をまとめた。

Jリーグ(日本)
新契約:10年間/2017年シーズン〜
放映権料:2100億円
1シーズン換算:約210億円
契約社:『Perform Group』/『DAZN』(J1〜J3全試合)

▼2016年シーズン
現契約:5年間/2012年シーズン〜(最終年)
契約社:『スカパーJSAT株式会社』
(※Jリーグ発表の2016年度予算で放送権料収益は50億5500万円)

中国スーパーリーグ(中国)
契約:5年間/2016年シーズン〜
放映権料:80億元(約1270億円)
1シーズン換算:約254億円
契約社:大手投資ファンド『華人文化産業投資基金(CMC)』

プレミアリーグ(イングランド)
契約:3年間/2016-17シーズン〜
放映権料:51億3600万ポンド(約7222億円)
1シーズン換算:約2407億円
▼契約社
・大手メディア『スカイスポーツ』(41億7600万ポンド=約5872億円/126試合)
・大手メディア『BTスポーツ』(9億6000万ポンド=約1350億円/42試合)

リーガ・エスパニョーラ(スペイン)
契約:3年間/2016-17シーズン〜
放映権料:26億5000万ユーロ(約3310億円)
1シーズン換算:約1103億円
▼契約社
・大手通信事業者『テレフォニカ』/子会社『モビスター』
年間2億5000万ユーロ(約292億円)で毎節希望する1試合
・大手メディア『メディアプロ』
年間6億3300万ユーロ(約738億円)で8試合

ブンデスリーガ(ドイツ)※2部も含む
新契約:4年間/2017-18シーズン〜
放映権料:46億4000万ユーロ(約5445億円)
1シーズン換算:約1361億円
▼契約社
・大手メディア『スカイ・ドイツ』(572試合)
・スポーツ専門放送局『ユーロスポーツ』(45試合)
・公共放送局『ZDF』(6試合)

▼2016-17シーズン
現契約:4年間/2013-14シーズン〜
放映権料:25億1000万ユーロ(約2945億円)
1シーズン換算:約736億円
契約社:『スカイ・ドイツ』

セリエA(イタリア)
契約:3年間/2015-16シーズン〜
放映権料:28億3500万ユーロ(約3327億円)
1シーズン換算:約1109億円
▼契約社
・大手メディア『スカイ・イタリア』(17億1600万ユーロ=約2014億円/全試合)
・大手メディア『メディアセット』(11億1900万ユーロ=約1313億円/248試合)

リーグ・アン(フランス)
契約:4年間/2016-17シーズン〜
放映権料:29億600万ユーロ(約3410億円)
1シーズン換算:約853億円
▼契約社
・大手メディア『カナル・プリュス』(各節3試合)
・大手メディア『beIN Sports』(各節残りの7試合/ただし第19、37、38節は全試合)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る