2016.07.20

10年間で約2100億円…Jリーグが動画配信サービス「DAZN」と放映権契約を締結

会見に出席したラシュトンCEO(左)、村井チェアマン(中央)、鵜浦NTT代表取締役社長(右)
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは20日、『Perform Group』が提供するスポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』と2017年から10年間の放映権契約を締結したことを発表した。放映権料は約2100億円だという。

 今回の契約により、2017年シーズンから明治安田生命J1リーグ、J2リーグ、J3リーグの全試合が、『DAZN』により生中継されることが決まった。『DAZN』は世界最大級のデジタル・スポーツコンテンツ&メディア企業である『Perform Group』によって提供されるライブストリーミングサービス。テレビ、PC、スマートフォン、タブレット、ゲーム機など様々なデバイスを使って、いつでも、どこでも、高画質で中継を楽しめる。

インターネットでのオンデマンド配信が中心となる

インターネットでのオンデマンド配信が中心となる

 さらに、Jリーグと『DAZN』は、『NTTグループ』とJ1クラブのホームスタジアムをはじめとした全国のスタジアムのwi-fi環境整備・情報サービス提供などのICT化を推進することも決定。スタジアムでの視聴環境の質の向上や新たな体験創出など、Jリーグをさらに楽しめる環境を整えていくという。

今回の取り組みでJリーグはファンに新たな体験を提供する

今回の取り組みでJリーグはファンに新たな体験を提供する

 Jリーグの村井満チェアマンは、「Perform Groupとの契約は、日本のスポーツ界初と言える長期大型の放映権契約であり、日本のスポーツ産業が有力なコンテンツとして、海外から投資対象と認識いただけたものと考えております。また急速に変化しているインターネット・モバイルの世界において、これらのサービスを主たる業容とする事業者との初めての合意ケースとも考えております。今回の契約を契機に、一人でも多くのファンやサポーターの皆様に楽しんでいただくための投資を加速し、日本のプロスポーツ業界の先駆者として社会的価値の向上を益々図ってまいります」とコメント。

Perform Investment Japan 株式会社のラシュトンCEO

Perform Investment Japan 株式会社のラシュトンCEO

『Perform Investment Japan 株式会社』のCEO(最高経営責任者)を務めるジェームズ・ラシュトン氏は、「我々はこのパートナーシップ契約でJリーグ、さらにJリーグの選手やファン・の皆様に長期的なサービスを提供することができ、非常に嬉しく思っております。DAZNはこのパートナーシップにより、Jリーグの魅力を、いつでもどこでも、よりファンの身近に届けていきます」と語った。

 なお、『DAZN』サービスの概要(価格、加入方法など)については、2016年夏に発表予定となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る