2016.07.13

横浜FM、後半鮮やか3発で神戸に逆転勝利…2ndステージ3連勝スタート

マルティノス
後半ATに逆転ゴールを奪ったマルティノス ©J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第3節が13日に行われ、横浜F・マリノスとヴィッセル神戸が対戦した。

 横浜FMはセカンドステージに入って、湘南ベルマーレとアビスパ福岡にいずれも3-0で完勝。2連勝で好スタートを切っている。スタメンは前節の福岡戦と同じで、2トップにはカイケと富樫敬真、マルティノスや齋藤学らが名を連ねた。一方の神戸は、セカンドステージは1勝1分けと上々のスタート。ここ3試合で4ゴールと好調のレアンドロに期待が懸かる。先発メンバーには、そのレアンドロやペドロ・ジュニオール、浦和レッズから期限付き移籍で加入したばかりの橋本和らが入った。

 この試合先にシュートを放ったのは横浜FM。3分にエリア左で獲得したフリーキックをカイケが右足で直接狙ったが、GKキム・スンギュにキャッチされた。

 その後は神戸が徐々にペースを握り、セットプレーから先制に成功する。18分に獲得した右CKから藤田直之がクロスを入れる。エリア内中央でフリーになっていたニウトンが頭で流し込んでゴールネット揺らす。この得点がニウトンにとって加入後初ゴールとなった。前半はこのまま終了し、アウェーの神戸が1点リードで折り返した。

 後半に入って55分、ニウトンのスルーパスにペドロ・ジュニオールがエリア内右に抜け出す。直接右足で飛び出してきたGKの股の間を通し、リードを2点に広げる。

 直後の57分、横浜FMがすぐさま反撃に出る。左サイドから齋藤が右足でクロス。中央でカイケが頭で合わせると、ボールはゴール右に吸い込まれた。

 さらに77分、後半から出場していた中村俊輔が左CKからクロスを供給。ファーサイドでファビオが高い打点でヘディングシュートを放ったが、ゴール上に外れた。

 横浜FMは85分、絶好の同点のチャンスを迎える。右サイドからのクロスにエリア内で合わせようとしたマルティノスが相手DFに倒されてファールの判定。獲得したPKを中村が落ち着いてゴール右に流し込んで、試合を振り出しに戻す。

 さらに後半アディショナルタイム1分に横浜FMが逆転に成功する。右サイドから齋藤が低いクロスを供給すると、エリア内中央にこぼれて最後はマルティノスがゴールに押し込んだ。

 このまま試合は終了し、横浜FMが劇的な逆転勝利でリーグ戦3連勝。対する神戸はセカンドステージ初黒星を喫した。

 次節、横浜FMは17日に敵地でサンフレッチェ広島と、神戸は湘南をホームに迎えて対戦する。

【スコア】
横浜F・マリノス 3-2 ヴィッセル神戸

【得点者】
0-1 18分 ニウトン(ヴィッセル神戸)
0-2 55分 ペドロ・ジュニオール(ヴィッセル神戸)
1-2 57分 カイケ(横浜F・マリノス)
2-2 85分 中村俊輔(PK)(横浜F・マリノス)
3-2 90+1分 マルティノス(横浜F・マリノス)


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
22pt
ベガルタ仙台
15pt
C大阪
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
20pt
大分
18pt
山口
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る