2016.07.08

【予想スタメン】槙野が出場停止の浦和、相手エースを阻止できるか…柏は5年ぶりの埼スタ勝利へ

浦和DF槙野の出場停止に伴い、DF森脇、那須、遠藤(左から)の3人がスタメン濃厚 [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第2節
7月9日 19:00 浦和レッズ vs 柏レイソル(@埼玉スタジアム2002)

■浦和レッズ 4試合連続複数得点と攻撃が好調、セットプレーがカギを握る

 浦和に粘り強さが戻ってきた。J1・2nd第1節のアビスパ福岡戦では前半途中に槙野智章がペナルティーエリア内の得点機会阻止で一発退場となり、PKで先制点も許す最悪の展開となった。しかし、そこから2点を奪い、一人少ない中で試合をひっくり返した。3連敗を止めたJ1・1st第13節のFC東京戦も2点ビハインドから逆転しており、最後まで諦めない気持ちがプレーと結果に表れている。

 これで浦和は3連勝。過密日程を乗り越えた肉体的な疲労は当然まだあるが、連勝でメンタルは充実している。6試合連続失点中なのは気掛かりだが、攻撃面に目を移せば4試合連続で2得点以上決めているという好材料もある。

 また、今季の浦和はセットプレーでなかなか得点が取れていなかったが、福岡戦では2得点ともFKからゴールを決めた。その大きな要因となったのが、セットプレーに抜群の強さを見せる那須大亮のスタメン復帰。1ゴールを決めるだけでなく、2点目の興梠慎三の得点も「相手が大ちゃん(那須)をケアしていたから、ニアがすごく空いていた」と話すように、那須は相手のマークを引きつける“影のアシスト役”を担った。今節の柏戦は槙野が出場停止で出られないため、引き続き那須の先発出場が濃厚。柏戦でも相手の脅威となってくれるはずだ。

 一方で、気になるのは遠藤航の状態だ。ヴィッセル神戸戦で左肘のじん帯を痛めたことで福岡戦は欠場したが、どこまで回復しているか。ただ、全体練習には合流しており、体力的には休養を挟んだことで問題はない。槙野の出場停止に加え、左ストッパーの控え候補だった橋本和が神戸に期限付き移籍したことを考えれば、ペトロヴィッチ監督が厚い信頼を置く遠藤を起用する可能性は十分ある。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン
3-6-1
GK
西川周作
DF
遠藤航
那須大亮
森脇良太
MF
関根貴大
柏木陽介
阿部勇樹
宇賀神友弥
李忠成
武藤雄樹
FW
興梠慎三

■柏レイソル 4連敗中の埼玉スタジアムに乗り込む、新潟戦で不発に終わったエースに期待

 J1・2nd第1節のアルビレックス新潟戦は加入したばかりのクリスティアーノがいきなりスタメンに名を連ね、存在感を見せて勝利を飾った。ぶっつけ本番だったにもかかわらず、ゴール前のシーンを何度も演出し、セットプレーから相手のオウンゴールを誘発した。“クリスティアーノ効果”は顕著にピッチ上に表れている。見方を変えれば、新潟戦の得点も流れの中で崩したものではなく、1stステージから柏が抱える得点力不足を解消したとは言い難い。ただ、クリスティアーノ加入で改善の兆しは見えている。

 今週から、戦列を離れていた大谷秀和と山中亮輔が全体練習に合流し、戦力も整いつつある。2人ともコンディションの問題はあるだろうが、起用に関しては下平隆宏監督の判断次第だ。

 2ndステージ優勝とACL出場権獲得を狙う柏は、7月のスタートダッシュを目論むが、この浦和、サンフレッチェ広島、FC東京、ガンバ大阪と難しい相手が続く。中でも浦和は相性が悪く、目下公式戦5試合連続未勝利の相手にして、埼玉スタジアム2002は4連敗中。柏が最後にあのスタジアムで勝利したのは、リーグ優勝を果たした2011年まで遡らなければならない。

 リオデジャネイロ・オリンピックの日本代表選考から外れ、その悔しさをぶつけた新潟戦で、素晴らしいパフォーマンスを見せた弱冠20歳の中谷進之介は「浦和を無失点に抑えて勝ちたい」とモチベーション高く準備を進めている。若きディフェンスリーダーが再び奮起し、クリスティアーノのフィットが促進されていれば、5年ぶりに埼玉スタジアムで勝利することも不可能ではないだろう。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
4-4-2
GK
中村航輔
DF
湯澤聖人
中谷進之介
中山雄太
輪湖直樹
MF
伊東純也
栗澤僚一
秋野央樹
クリスティアーノ
FW
中川寛斗
ディエゴ・オリヴェイラ

--------------------------------------------------
totoONEでは、toto対象13カードの対戦成績やチーム情報を掲載。チェックして予想の参考にしよう!
(1)名古屋×川 崎(http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8309&tid=371
(2)G大阪×仙 台(http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8310&tid=371
(3)浦 和× 柏 (http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8311&tid=371
(4)F東京×甲 府(http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8312&tid=371
(5)広 島×鹿 島(http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8313&tid=371
(6)横浜M×福 岡(http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8314&tid=371
(7)新 潟×湘 南(http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8315&tid=371
(8)磐 田×大 宮(http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8316&tid=371
(9)神 戸×鳥 栖(http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8317&tid=371
(10)C大阪×札 幌(http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8318&tid=371
(11)千 葉×水 戸(http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8319&tid=371
(12)山 口×北九州(http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8320&tid=371
(13)讃 岐×愛 媛(http://www.totoone.jp/blog/datawatch/detail.php?mid=8321&tid=371


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る