2016.07.01

【予想スタメン】離脱者続出の広島、今節も攻撃的サッカーで磐田撃破を目指す

J1・1st第17節でゴールを決めた広島FWウタカ、MF柴崎晃誠、DF塩谷司(左から) [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第1節
7月2日 19:00 サンフレッチェ広島 vs ジュビロ磐田(@エディオンスタジアム広島)

■サンフレッチェ広島 前節は新システムが機能、浅野のコンディションは懸念材料

 J1・1st第17節ヴァンフォーレ甲府戦でスタートからでは初めて採用した2トップ1ボランチのシステムは、引いて守備を固めた相手に対して機能することを改めて示した。特に先制点における佐藤寿人のスペースメイキングは素晴らしく、ピーター・ウタカのジャンピングヒールパスや柴崎晃誠のテクニカルなアウトサイドシュートの効果を十分に引き立てた。

 もちろん、攻撃の人数を増やしているわけだから、カウンターを食らう危険性は高くなる。実際、甲府戦でもクリスティアーノのドリブルやロングフィードを利したカウンターを何度も許してしまった。決定的なピンチには結びついてはいないが、頻度が高くなれば苦しくなるのは明白。「攻撃をしっかりと完結させねばならない」という森保一監督の言葉はもちろん実現しなければならないが、一方で攻めている時のリスク管理をより厳しくやらないと厳しくなることは間違いない。2トップで先制点を挙げ、1トップに変えて守備に安定感を図る甲府戦での展開が理想ではある。

 宮原和也や大谷尚輝といった若手が足に違和感を訴えて別メニュー調整となるなど、広島のけが人の連鎖は収まらない。U-23日本代表としてU-23南アフリカ代表と戦った浅野拓磨が中2日で試合を迎えることもあり、コンディションも心配だ。だが一方で、13得点と現在得点ランクトップのピーター・ウタカやアシストランキングでトップタイに立つ柴崎(6アシスト)も含め、攻撃陣は好調。守備陣も甲府戦で4試合ぶりの完封を記録するなど、戦い方に安定感も出てきつつある。磐田は1stステージで見事な対策を構築されて敗れた相手。タイトルを狙うのであれば、同じ相手に敗れるわけにはいかない。(紫熊倶楽部 中野和也)

■広島予想スタメン
3-5-2
GK
林卓人
DF
塩谷司
千葉和彦
森崎和幸
MF
丸谷拓也
柏好文
浅野拓磨
柴崎晃誠
清水航平
FW
ピーター・ウタカ
佐藤寿人

■ジュビロ磐田 ジェイ不在の前節はアダイウトンが2ゴール、システムが広島攻略のカギか

 磐田は1stステージ最終節のベガルタ仙台戦で8試合ぶりの完封勝ち。3試合連続無得点だった攻撃陣も3点を奪い、復調の兆しを見せた。アダイウトンも7試合ぶりのゴールで2得点を記録。攻守で調子を上げ、2ndステージ開幕戦を迎える。

 4月のホーム戦は広島対策が功を奏し、1-0で快勝した。相手と同じ布陣を採用し、粘り強い守りから主導権を握った。前回対戦でつかんだ自信は大きく、今節も3バックで挑む。しかし、3バックで臨んだ試合は広島戦以降で勝ちなし。直近3試合は4-5-1で臨んでいて、3バックの感覚を取り戻せるかも問われそうだ。特にパパドプーロスの連係に不安が残る。デビュー戦のルヴァン杯名古屋戦は3バック。精彩を欠いて3失点を喫し、前半だけで交代した苦い経験は繰り返したくない。

 仙台戦の勝利に大きく貢献したボランチの川辺駿が、期限付き移籍元の広島との契約で出場できない。一方で、松井大輔や森下俊らけが人が復活するなど好材料も。練習態度の悪さを理由に仙台戦でベンチ外だったジェイも、今週は前向きな取り組みを見せている。先発はないと予想されるが、ベンチ入りする可能性はありそうだ。(totoONE編集部)

■磐田予想スタメン
3-6-1
GK
志村滉
DF
パパドプーロス
大井健太郎
森下俊
MF
櫻内渚
山本康裕
上田康太
宮崎智彦
太田吉彰
小林祐希
FW
アダイウトン


欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る