FOLLOW US

興梠、李、武藤がクラブ公式時計贈呈式に出席「素晴らしい時間を刻めた」

オフィシャルウォッチ贈呈式に出席した浦和の武藤、興梠、李

 29日、大原サッカー場で浦和レッズのオフィシャルパートナー、リズム時計工業株式会社による『リズム時計×浦和レッドダイヤモンズオフィシャルウォッチおよびモバイルうちわ』の贈呈式が行われた。式には浦和から淵田敬三代表、興梠慎三、李忠成、武藤雄樹が出席。リズム時計工業株式会社から、クラブにモバイルうちわ100個と、3選手にそれぞれオフィシャルウォッチが贈呈された。

 リズム時計工業株式会社の樋口孝二社長から「2ndステージでは、このモバイルうちわで新しい風をつかんでいただいて、優勝できることを願っております」と激励の言葉を受けると、浦和の淵田代表は、「モバイルうちわの風に乗り、リズム時計の良いリズムで、2ndステージを勝ち抜いて年間優勝を目指していきます」と力強く返した。

 式に参加した3選手には背番号と同じシリアルナンバー入りのオフィシャルウォッチが手渡された。興梠は「重みがあり、高級感もあっていい感じです。このオフィシャルウォッチをリオに連れて行きたいと思います」と話し、李は「僕たちは人に感動を与えられる素晴らしい職業に就いています。日本一、世界一を目指してがんばっていきたいですし、これがリズム時計さんの伝説のオフィシャルウォッチになるようにしたいです」とコメント。武藤は「レッズカラーが入っているので、これをつけて気持ちを一つに戦えますし、すごくかっこいいです。2ndステージ優勝と、年間勝ち点1位に向けて、リズム時計と素晴らしい時間を刻めたらうれしいです」と決意を込めて語った。

 オフィシャルウォッチは発売と同時に完売したが、7月1日から浦和レッズ『オンラインショップ』で追加限定販売が決定。携帯型2枚羽根ファン『モバイルうちわ』は、7月中に販売開始予定となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO