2016.06.24

岡山ネクスト、今シーズン限りで活動終了…将来的なJ3参入見据える

ファジアーノ岡山
岡山がDF久保飛翔の負傷を発表した
サッカー総合情報サイト

ファジアーノ岡山は24日、JFLに所属するセカンドチーム、ファジアーノ岡山ネクストの活動を、今季限りで終了することを公式HP上で発表した。

 同クラブは「2016シーズンの終了を持ちまして、ファジアーノ岡山ネクストの活動を終了することとし、一般社団法人日本フットボールリーグに対し退会届を提出いたしました」と発表。2009年の創設以来、8年間の活動に終止符を打つことが明らかになった。

 選手育成機関の最上位カテゴリーという位置付けで活動してきたファジアーノ岡山ネクストは、ユース年代を卒業した18歳から21歳の選手の育成体制を整えることを目標にし、2009年に岡山サッカーリーグに参戦して1年目から優勝を達成した。翌年からは中国サッカーリーグに戦いの場を移し、2013年シーズンの優勝を経て2014年にJFLへ昇格した。同HPでは「ケガで長期離脱を余儀なくされた選手が活躍してトップチームに返り咲くことや、現在ではトップチームで不可欠となっている選手もいるなど、一定の成果は出た」とこれまでの活動を振り返っている。

 活動を終了する理由については「選手の育成において、ユース年代までで完成形に近づかせ、以降は厳しいプロフェッショナルの世界で切磋琢磨することで成長を加速させていきたいと考えた」ことや、「将来的に再度セカンドチームを保有する場合は、J3に参画できる仕組みと可能性が整った」ことなどが挙げられている。


欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
43pt
Jリーグ順位をもっと見る