2016.06.20

「心のクラブはセレッソしかない」…古巣復帰の山口蛍「必ず恩返しを」

山口蛍
ハノーファーからC大阪へ復帰することが決まった山口蛍 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 19日にハノーファーからセレッソ大阪へ完全移籍で復帰することが決まったMF山口蛍が20日、自身の公式ブログ(http://blog.lirionet.jp/hotaru6/)を更新。古巣復帰にあたっての心境をつづった。

 山口は「セレッソに復帰します」とのタイトルでブログを更新。「セレッソ大阪に復帰することになりました。まず、今回セレッソへ復帰するにあたっていろいろ動いてくれた全ての方々、そして自分を信じてチームに迎えいれ、今回セレッソに復帰する意思を尊重してくれたハノーファーに感謝しています」と、復帰を報告して関係者への感謝を述べた。

 山口は今年1月にハノーファーへ加入したが、負傷の影響もあって在籍6カ月間でブンデスリーガ6試合の出場にとどまった。去就に注目が集まる中、19日に古巣であるC大阪への完全移籍が発表された。

 ドイツでのプレーとC大阪復帰を決断した理由について、山口は以下のように綴っている。

「セレッソから初めての移籍。海外でプレーする、活躍する、強い気持ちで移籍したことには間違いありません。ただ、ドイツでプレーをしている間、自分の胸のなかでポッカリ穴が空いたものをずっと感じていました。いま、自分がなんでセレッソでプレーをしていないのか?すごくモヤモヤした気持ちがありました」

「自分の心のクラブはセレッソしかない。自分の気持ちに嘘はつけない。そう思い決断しました。この決断が正しいのか正しくないのかわかりません。ただ、自分はセレッソの山口蛍として残りのサッカー人生をセレッソに捧げたいという思いが一番でした」

 そして山口は「怪我は全く関係ないです」と、移籍の決断に負傷の影響はなかったと強調したうえで、「色々な意見があると思います。しっかり素直に全て受け止めて、一からまたサポーターのみなさん、ファンのみなさんに認めてもらえるように精一杯頑張ります。これからのサッカー人生、クラブに必要とされる限りできるだけ長くセレッソでプレーをして、必ず結果を出して恩返しをします」と、活躍を誓っている。

ROAD TO J1! すべてはJ1へと続く『Jリーグサッカーキング2016年8月号』

[主なコンテンツ]

6月24日発売のJリーグサッカーキング8月号では、J2優勝、J1昇格を目指すセレッソ大阪を大特集します。各ポジション別の選手対談からセレッソの魅力を解き明かすとともに、今シーズンから新たに発足したセレッソ大阪U-23の情報もお届け! 今月号も見どころ満載の一冊となっています。

  • 発売日:2016年6月24日

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る