2016.06.17

【予想スタメン】前節鮮やか2ゴールの湘南MF下田に注目…磐田は離脱者続出で連係面に不安あり

第15節のG大阪戦で今季初ゴールを含む2得点を挙げた湘南MF下田北斗 [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節
6月18日 19:00 湘南ベルマーレ vs ジュビロ磐田(@Shonan BMWスタジアム平塚)

■湘南ベルマーレ セットプレーの修正は必要不可欠、先制点を奪って勢いに乗れるか

 湘南はリーグ戦第15節のアウェー戦でガンバ大阪と対戦し、3-3のドローで勝ち点を分け合った。リーグ戦に限れば第7節鹿島アントラーズ戦以来となる複数失点は、うち2点がこれまで幾度となく阻んできたセットプレーによるものだった。前半の終わりに喫するなど、失点の時間帯も含めて反省材料となった。

 一方、攻撃面では、ホーム今季初勝利となった第14節の名古屋グランパス戦に次ぐ先制点を挙げ、その後相手に2度リードを許しながらも粘り強く追いついた。4-4の川崎戦や2-2の広島戦など、これまでも強豪を相手に熱戦を演じてきたが、後半アディショナルタイムに追いつかれたそれらの試合とも趣きは異なり、チームとしての前進も感じさせた。先制弾の端戸仁、2ゴールの下田北斗と、フィニッシュはいずれも鮮やかで、厳しい暑さの中、アウェーで貴重な勝ち点をもぎ取ったのだった。

 1stステージも佳境を迎える今節は磐田をホームに迎える。過去の対戦成績は磐田の15勝4分9敗と、湘南にとって芳しいものではない。4月に同じくホームで行なわれたナビスコ杯では、互いにメンバーの入れ替えはあったものの、とくに後半チャンスを重ねながらゴールを割ることはできず、スコアレスドローに終えている。

 前々節の名古屋戦、前節のG大阪戦と、勝ち点をつかんだ過去2戦も示しているように、先制点はチームの戦いに好循環をもたらすだろう。攻守に積極的な湘南らしい姿勢を弛まず、粘り強く戦い、ホーム連勝といきたい。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-6-1
GK
村山智彦
DF
島村毅
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
藤田征也
石川俊輝
下田北斗
菊池大介
大槻周平
高山薫
FW
端戸仁

■ジュビロ磐田 けが人続出に加えてエースが出場停止、守備陣では若手GK志村が活躍中

 リーグ戦第15節のFC東京戦で小川大貴が右ひざの前十字じん帯と半月板を損傷し、今季の復帰が絶望的となる大けがを負った。これで、けがで別メニュー調整の選手は7人に。さらに今週の練習では、全試合出場中のボランチ宮崎智彦が足の違和感を訴えた。湘南戦の出場は微妙で、チームはけが人続出の窮地に立たされている。

 攻撃陣の不振も気に掛かる。第2節から12試合連続で得点していたが、直近2試合は無得点。川崎フロンターレ、FC東京を相手に、決定機もほとんどなかった。さらに、今節はジェイが累積警告で出場停止。エースの不在による得点力低下は免れない。

 一方で、守備は手応えをつかむ。FC東京戦は6試合ぶりの無失点。選手の守備意識の高さが結果につながった。リーグ戦初出場のGK志村滉も好セーブを連発。90分間を通じて安定したプレーを披露し、カミンスキーと八田直樹の不在の心配を振り払った。

 FC東京戦で引き分け、1stステージ残り2試合で勝ち点20に達した。年間目標の「40」を上回るペースで勝ち点の積み上げに成功し、選手たちの精神的な余裕は大きい。対する湘南は降格圏の17位で低迷。今節はホームで勝ち点3を奪い、浮上のきっかけをつかみたいはずだ。磐田は堅固な守備でリズムを作り、その焦りをうまく突けば、勝機を呼び込めるはずだ。(totoONE編集部)

■磐田予想スタメン
4-5-1
GK
志村滉
DF
藤田義明
大井健太郎
森下俊
中村太亮
MF
川辺駿
山本康裕
太田吉彰
小林祐希
松浦拓弥
FW
アダイウトン


欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る