2016.06.17

【予想スタメン】海外移籍が噂される宇佐美貴史、3戦連発でアウェー鳥栖戦初勝利を導けるか

2試合連続ゴール中で勢いに乗っているG大阪FW宇佐美貴史 [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節
6月18日 19:00 サガン鳥栖 vs ガンバ大阪(@ベストアメニティスタジアム)

■サガン鳥栖 前節で7試合ぶりの白星も得点はセットプレーのみ、課題は払拭できないが守備は安定感あり

 リーグ戦第15節で名古屋グランパスを相手に7試合ぶりの勝利を挙げた鳥栖。豊田陽平がCKから挙げた1点を守り切ったのはチームにとって大きなプラスとなった。しかし、多くのチャンスを作りながら2点目を取れなかったという得点力不足は依然として残ったまま。豊田はチーム総得点「8」の半分以上となる5点を挙げているが、それ以外に得点しているのが岡田翔平、金民友、谷口博之のみ。豊田以外の選手がいかにゴールを決めるかが鳥栖勝利への近道となる。

 一方で13失点はリーグ3位タイ。3試合連続無失点を記録して安定している。谷口は「コミュニケーションもだいぶ取れるようになってきてるし、守備のポジショニングもだいぶ良くなっている」と話し、この試合に向けて「まずは無失点でいくこと。簡単なことじゃないと思うけど、強力な攻撃陣なので」と無失点試合継続に意気込む。

 今季の鳥栖はホームで強さを示せていない。ホームゲームの勝利はナビスコ杯を含めても開幕戦以外にない。それと同時に今季は連勝もないのだ。鳥栖が年間順位を上げていくためにもホームでの勝利は必須。G大阪にはJ1リーグ戦のホームゲームで3戦3勝と相性が良い。このデータを味方につけて、1stステージのホーム最終戦となる今節に久しぶりのホームゲーム勝利と今季初の連勝を狙っている。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
4-4-2
GK
林彰洋
DF
藤田優人
キム・ミンヒョク
谷口博之
吉田豊
MF
キム・ミヌ
高橋義希
福田晃斗
鎌田大地
FW
豊田陽平
富山貴光

■ガンバ大阪 前節の浦和戦はエースの一撃で完封勝利、高い守備意識を継続できるか

 中断明けから2試合、負けなしの状況にあるG大阪。特にリーグ戦第10節の浦和レッズ戦はエース、宇佐美貴史の2戦連発となるゴールを最後まで守り、ホームの地で嬉しい完封勝利を飾った。

 その浦和戦から中2日で迎えるアウェーでの鳥栖戦。浦和戦では出場停止だった米倉恒貴が右サイドバックに復帰するため、丹羽大輝はセンターバックに戻ることになりそうだ。つまり湘南戦と同じ顔ぶれがディフェンスラインに顔をそろえるはずだが、3失点を喫した湘南戦の反省をいかにチームとして結果につなげられるかもカギの一つとなりそう。湘南戦で喫した3失点はいずれも相手のシュートの質も高かったものの、突き詰めて考えればわずかな寄せの甘さが失点につながったという見方もできる。そこの見直しを図りつつ、鳥栖のウリの一つであるセットプレーにも十分警戒する必要があるだろう。

 一方、攻撃に関してはここにきてコンビネーションの高まりが感じられる。中でも宇佐美にゴールが生まれていることはチームを勢いづけるポジティブな要素。現在、彼の周囲は噂される海外移籍のことで騒がしいが、本人は目の前の試合にすべてを注ぎ、結果を出すことだけに集中している。また、ようやく良くなってきたコンビネーションをより充実させるためにも、自身のゴールでチームをけん引したいという思いも強いはず。ここ3試合、アウェー戦では白星を取れていない鳥栖戦でその姿を示せるのか、楽しみにしたい。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-5-1
GK
東口順昭
DF
米倉恒貴
丹羽大輝
岩下敬輔
藤春廣輝
MF
今野泰幸
井手口陽介
倉田秋
遠藤保仁
宇佐美貴史
FW
アデミウソン


欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る