FOLLOW US

土居が2得点、柴崎と金崎もゴール…2位鹿島が4発完勝、今季初の3連勝

2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第14節で鹿島と甲府が対戦した

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第14節が29日に行われ、鹿島アントラーズヴァンフォーレ甲府が茨城県立カシマサッカースタジアムで対戦した。

 第13節を終えて8勝3分け2敗、勝ち点27で暫定2位につける鹿島。リーグ戦では5試合負けなし、2連勝中と好調を維持している。今節では日本代表FW金崎夢生がリーグ戦2試合ぶり、MF遠藤康が同3試合ぶりに復帰した。ボランチにはMF小笠原満男とMF柴崎岳、最終ラインにはDF昌子源や同DF伊東幸敏らが入った。

 一方の甲府はリーグ戦7試合勝ちなしで14位に沈んでいる。負傷離脱者が続出する苦しい台所事情の中、前線にはFW河本明人とFWクリスティアーノ、FWチュカが入り、中盤にはMFビリー・セレスキーらが並んだ。最終ラインはDF土屋征夫やDF山本英臣らが務める。

 開始早々、甲府がアクシデントに見舞われる。8分、山本が負傷交代を強いられ、畑尾大翔が投入された。試合は立ち上がりから鹿島がボールポゼッション率を高め、敵陣へ押し込む展開で推移。甲府は人数をかけて守備を固め、セットプレーやカウンターに活路を見出す形となった。

 なかなか決定機を作り出せずにいた鹿島だが、前半終了間際に先制に成功する。アディショナルタイム2分、左サイドからドリブルでカットインしたカイオのパスを土居聖真が後方へ落とすと、柴崎からワンタッチでのリターンパスが通る。巧みなトラップで前を向いた土居が狙いすました右足シュートをゴール右隅へ届け、均衡を破った。鹿島が1-0とリードして前半を終えた。

 1点リードの鹿島は後半開始早々に追加点を挙げる。47分、敵陣でパスを回してペナルティーエリアに差し掛かると、こぼれ球に反応した土居が左足を一閃。カーブのかかったコントロールショットがゴール左隅へ吸い込まれ、鹿島が2-0とリードを広げた。

 さらに鹿島は51分、金崎が敵陣でボールを奪い、右サイドからカットイン。ペナルティーエリア内でボールを引き取った柴崎がドリブルで持ち込み、右足シュートを冷静に決めた。

 リードを3点に広げた鹿島は攻撃の手を緩めず、遠藤が決定的なループシュートを放つなど攻勢をかける。そして73分、柴崎の浮き球のパスに走り込んだ伊東がペナルティーエリア内で中央へ折り返し、金崎が難なく押し込んで4点目を記録した。

 試合は4-0で終了。鹿島がホームで快勝し、今シーズン初のリーグ戦3連勝で勝ち点を30に伸ばした。次戦、鹿島は6月5日にヤマザキナビスコカップ・グループステージ第7節で大宮アルディージャとアウェーで対戦。リーグ戦の次節は6月11日、優勝争いのライバルである浦和レッズとのアウェーゲームとなる。一方、甲府の次節は6月11日、アビスパ福岡をホームに迎える。

【スコア】
鹿島アントラーズ 4-0 ヴァンフォーレ甲府

【得点者】
1-0 45+2分 土居聖真鹿島アントラーズ
2-0 47分 土居聖真鹿島アントラーズ
3-0 51分 柴崎岳鹿島アントラーズ
4-0 73分 金崎夢生鹿島アントラーズ

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA