FOLLOW US

大宮MF江坂のヘディング弾、名古屋MF田口の強烈ミドルなどが選出/J1・1st第13節ノミネートゴール

名古屋MF田口らのゴールがノミネートされた [写真]=Getty Images

 Jリーグは21日、2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第13節のノミネートゴールを発表した。

 今節のノミネートゴールには大宮アルディージャMF江坂任が決めたヘディングシュート、ガンバ大阪MF倉田秋が味方との連携から狙い澄ましてゴール左隅に沈めた右足シュート、名古屋グランパスMF田口泰士が決めた強烈な右足ミドルシュートが選出された。

 J1ファーストステージ第13節のノミネートゴールは以下の通り。

 江坂任(大宮)5月21日 サガン鳥栖戦(74分)
 倉田秋(G大阪)5月21日 サンフレッチェ広島戦(64分)
 田口泰士(名古屋)5月21日 鹿島アントラーズ戦(46分)

 各節のノミネートゴールは、インターネットでのファン・サポーターによる一般投票で決定。各節ごとに上位3ゴールが選出される。また、スポーツ・サッカーメディア関係者からの推薦によるノミネートゴールも選ばれ、全ノミネートゴールからJリーグ選考委員が月間ベストゴールを決める。

 なお、月間ベストゴールを対象に、表彰選考委員会により最優秀ゴール賞が決定され、12月に開催する2016Jリーグアウォーズで発表・表彰される。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO