2016.05.21

FC東京FW林容平、全治1カ月の離脱…左ひざ内側側副じん帯損傷

大分戦で負傷した林容平(写真は4月17日のG大阪U-23戦) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FC東京は20日、FW林容平が左ひざ内側側副じん帯損傷で全治約1カ月と診断されたことを発表した。同選手はFC東京U-23の一員として出場した、15日の明治安田生命J3リーグ第9節大分トリニータ戦で負傷した。

 林は1989年生まれの26歳。浦和レッズユースを経て中央大学に進学し、2012年にFC東京へ加入した。2014年にはファジアーノ岡山と大分への期限付き移籍を経験。今シーズンは明治安田生命J1リーグ・ファーストステージでは第12節終了時点で出場機会がなく、明治安田生命J3リーグでは第9節終了時点で5試合出場1ゴールを記録している。

 FC東京の次戦は24日、AFCチャンピオンズリーグ・ラウンド16セカンドレグで敵地で上海上港と対戦。FC東京U-23は22日、J3第10節で鹿児島ユナイテッドFCと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る