FOLLOW US

【予想スタメン】ナビスコ杯の勝利で勢い十分…“湘南スタイル”を貫き、苦手克服なるか

湘南はナビスコ杯で見せた攻撃的なサッカーを持続できるか [写真]=Getty Images

■湘南ベルマーレ 最下位転落もカップ戦では鹿島に逆転勝利、勢いを持続しリーグ戦での連敗脱出へ

 いつにも増して今節はメンバーが読みにくい。連戦であることはもとより、理由は週中のナビスコ杯第5節の鹿島アントラーズ戦に辿ることができる。指揮官も試合後に語ったように、誰を試合に使うか悩むほど、選手一人ひとりが生き生きと躍動したからに他ならない。

 その鹿島戦では、序盤に先制されたもののすぐに追いつき、間もなく再度リードを許しながらゲーム終盤に2得点を奪って逆転勝利を収めた。ミスが絡んだ失点は反省材料だが、前回王者を下した背景には、端戸仁と長谷川アーリアジャスールの湘南初ゴールや大竹洋平の2アシスト、大槻周平の復調とゴール、何より攻守に渡る連動と個々の献身があった。

 今節迎える仙台との通算対戦成績は、12勝8分18敗で負け越している。加えて湘南は今季ホームでの勝利がない。FC東京戦、アビスパ福岡戦とリーグ戦では連敗の渦中にあり、いずれの要素も払拭したい今節だ。

 前節の福岡戦に0-1で敗れ、湘南は最下位に沈んでいる。反面、同じ黒星でも前々節のFC東京戦のそれとは色合いが異なる。FC東京戦ではリスクと表裏一体の勇気が影を潜めたが、福岡戦では相手のブロックを厭わず縦を突いた。内容が結果に合致しないもどかしさこそあったものの、自分たちの本来あるべき姿勢を再確認し、持ち帰った一定の手応えが鹿島戦につながった。

 スタイルと個性の発揮が結果を近づける。誰が出ても、今節もやるべきことは変わらない。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-6-1
GK
村山智彦
DF
岡本拓也
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
藤田征也
菊池大介
石川俊輝
山田直輝
大槻周平
高山薫
FW
藤田祥史

■ベガルタ仙台 ミッドウィークに試合がなく休養十分、得点が少ないFW陣の奮起に期待

 仙台は「5月、攻勢をかけよう」と渡邉晋監督に呼びかけられて臨んだ今月で、試合内容を改善しながら川崎フロンターレに引き分け、アビスパ福岡に勝利。そのまま連勝といきたいところだったが、前節は大宮アルディージャ相手に攻撃が停滞し、痛い黒星を喫してしまった。良い流れが一時ストップしてしまったが、5月の残り試合で再び攻勢をかけなければならない。

 仕切り直しとなる湘南戦は、アウェーながら勝ち点3を手にしたい一戦だ。18日のナビスコ杯第5節で湘南がアウェイゲームを消化したのに対して、仙台は休み。湘南のメンバーにも入れ替わりはありそうだが、日程と体力面での優位性も生かしたい

 まずは勝利のために、攻撃を改善したい。リーグ戦第12節の大宮戦は、ノーゴールに抑えられた。第8節の神戸戦で野沢拓也と奥埜博亮がゴールをして以来、FW起用された選手の得点がなく、チームを勢いづけるためには点取り屋の目覚めが必要だ。15日に行われた練習試合の仙台大学戦でウイルソンや奥埜がゴールを記録しており、公式戦でその再現を期待したい。湘南と昨季対戦した2試合ではハモン・ロペスのPKによる1点しか取れなかったが、その時取れなかった分もゴールを重ねたいところだ。

 また、梁勇基はこの湘南戦のピッチに立てれば、J1で通算200試合出場を達成することになる。湘南ともJ1、J2合計26試合で対戦し、3得点を挙げて活躍してきたベテランのパフォーマンスにも期待したい。(totoONE編集部)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
六反勇治
DF
蜂須賀孝治
大岩一貴
渡部博文
石川直樹
MF
金久保順
富田晋伍
三田啓貴
梁勇基
FW
野沢拓也
ウイルソン



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO