2016.05.20

【予想スタメン】最多得点を誇る首位川崎、リーグ戦2試合連続完封の新潟と対戦

水曜日に開催されたナビスコ杯を欠場し今節に照準を合わせた川崎MF中村(左)、FW大久保 [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■アルビレックス新潟 浦和とG大阪を完封し守備に手応え、カップ戦の勝利で士気アップ

 チームは、きっかけをつかみつつあるようだ。前節は埼玉スタジアム2002で浦和レッズに0-0と、ガンバ大阪戦に続いて2試合連続のスコアレスドロー。浦和の強力攻撃陣に対して4-4-2と5-4-1のシステムを併用し、得点を許さなかった守備は、シーズン序盤の不安定な状態から明らかに改善されつつある。

 さらに浦和戦から先発10人を入れ替えたナビスコ杯第5節の柏戦では、伊藤優汰と小塚和季のゴールで公式戦9試合ぶりの勝利を収めた。1年半の山口への期限付き移籍から復帰した小塚は新潟初ゴール、さらにカリウ、西村竜馬、新潟U-18所属の長谷川巧が公式戦デビューを果たすなど、新戦力が躍動した。中2日となる川崎戦に向けて主力を温存できただけでなく、柏戦の勝利はリーグ戦で先発を続ける選手たちにも「うかうかしていられない」という危機感を抱かせたはず。チーム全体のモチベーションが上向きだ。

 川崎には開幕前の練習試合(45分×4本)で1-8、ナビスコ杯で0-5と大差で敗れている。吉田達磨監督は川崎の攻撃力だけでなく、鋭いプレスを警戒する。豊富な運動量とポストプレーでチーム戦術のキープレーヤーとなりつつある平松宗が唯一、浦和戦と柏戦で続けて先発しており、そのコンディションは気になるところだ。

 また、リーグ戦は2試合無得点だが、歯車がかみ合いつつある守備から攻撃へと好連鎖は生まれるか。首位との一戦は、きっかけをつかみつつあるチームにとって、重要な試金石となる。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
舞行龍ジェームズ
増田繁人
大野和成
前野貴徳
MF
加藤大
小泉慶
レオ・シルバ
田中達也
FW
平松宗
山崎亮平

■川崎フロンターレ リーグ2連勝で暫定首位に、敵地での連戦を乗り切れるか

 リーグ戦2連勝を飾り、暫定ながら首位に立った。チームはミッドウィークに鳥栖で試合を行い、今節は新潟に移動して中2日でのゲームと、タイトなアウェー連戦となっている。となれば、気になるのはコンディションだ。大久保嘉人や中村憲剛などのベテランはナビスコ杯で温存したが、連戦が続いている主力も少なくない。コンディション面のばらつきが、試合運びにどう影響するか。早めの先制点で試合を有利に進めたいところだ。

 チーム事情に目を向けると、今節の最大のポイントは、エドゥアルド・ネットとコンビを組む相棒が誰になるかという点になる。大島僚太とのコンビを形成していたが、その大島と原川力がトゥーロン国際大会の参加により不在。中村がトップ下、谷口彰悟がセンターバックでの起用と考えると、代役候補はカップ戦に出場した橋本晃司か森谷賢太郎の二択になるだろう。カップ戦では甲乙つけがたい出来だっただけに、風間八宏監督の選択に注目が集まる。

 今年、新潟にはナビスコ杯で5-0と大勝している。ただ、あの試合とはお互いにメンバーが違うため、参考にはならないだろう。「油断してはいけない」と谷口も気を引き締めている。

1stステージ優勝に向けて残り5試合となったが、風間監督は「やることは一つだけ。一戦一戦準備するしかない」と意に介さない。一戦必勝で、新潟撃破を目指す。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
4-5-1
GK
チョン・ソンリョン
DF
エウシーニョ
谷口彰悟
エドゥアルド
車屋紳太郎
MF
森谷賢太郎
エドゥアルド・ネット
小林悠
中村憲剛
登里享平
FW
大久保嘉人

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る