FOLLOW US

【予想スタメン】相性面では劣る大宮、過去との“違い”を見せられるか…ルーキーの山越が豊田封じへ

マッチアップが予想される鳥栖FW豊田(左)、大宮DF山越(右) [写真]=Getty Images

■サガン鳥栖 鎌田不在の攻撃陣は今節も苦戦必至、ナビスコ杯で活躍したサブ組の奮起に応えられるか

 リーグ戦第11節のサンフレッチェ広島戦はマッシモ・フィッカデンティ監督が「完敗」と認めるほど悪い内容の試合だった。続く第12節のFC東京戦はスコアレスドローに終わるも、アウェーで手にした勝ち点1に監督も選手も手応えを感じていた。

 だが、広島戦で1本、FC東京戦では2本のシュートを放つにとどまっている。無失点の守備は評価できるが、単調な攻撃が続いてリーグワーストタイの得点力は未だ克服できていない。しかも、FC東京戦で復帰した鎌田大地が今節からトゥーロン国際大会に出場するため不在となる。

 それでも、チームの雰囲気は良い。その要因は、ナビスコ杯第5節の川崎フロンターレ戦でこれまで出場機会の少なかったサブ組が先発して奮闘したため。けがから復帰したDF礒崎敬太のクロスから富山貴光がヘディングで挙げたゴールは、スタンドで観戦していた選手も総立ちとなる見事なものだった。そうした活躍に多くの選手が刺激を受けている。岡田翔平は「トミ(富山)が良いゴールを決めたので、自分も決めてやろうという気持ちが湧いてきました」と今節に向けて話した。

 J1の対戦では、2勝3分1敗で勝ち越し、ホームでは1勝2分と負けなし。ホームの利に加えて、J1での対戦成績でも有利な鳥栖が約3カ月ぶりのホーム勝利に向けて戦う。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
4-4-2
GK
林彰洋
DF
藤田優人
キム・ミンヒョク
谷口博之
吉田豊
MF
キム・ミヌ
高橋義希
チェ・ソングン
ペク・ソンドン
FW
豊田陽平
岡田翔平

■大宮アルディージャ 定位置争い激化によりチームは好循環、2012年ぶりの鳥栖戦白星を狙う

 リーグ戦第11節で浦和レッズとのダービーマッチに敗れた大宮だったが、この敗戦を引きずらなかった。第12節のベガルタ仙台戦では家長昭博がゴールを決めて、1-0で勝利を収めた。ミッドウィークに開催されたナビスコ杯では、先発10人を入れ替えながらもジュビロ磐田を圧倒。大山啓輔のプロ入り後初ゴールでAグループの首位を保った。

 ターンオーバー制で戦っていることでチームには非常に良い緊張感がある。ナビスコ杯に出場している選手たちもリーグ戦での出場を狙っており、このチーム内での競争がJ1での4位、ナビスコ杯でのグループ首位という好成績につながっている。「毎試合、メンバーを落とす作業をしなければいけない」と、選手選考に苦しんでいることを明かす渋谷洋樹監督が絶妙な采配を見せている。

 仙台戦で負傷したキャプテンの菊地光将は、右ハムストリング肉離れで全治4週間と診断された。そもそも今節は累積警告で出場停止だったが、U-23日本代表入りへ向けてのアピールにも期待がかかる山越康平が、先発の座をつかむことになりそうだ。磐田戦では途中出場したアダイウトンにチームとして苦しめられたが、Jトップレベルのストライカーである豊田陽平をどのように封じ込めるか。

 ターンオーバー制を採用しているため、リーグ戦を戦っている選手たちの疲労は軽減され、この試合に向けて準備もできた。鳥栖には2012年9月の対戦を最後に2分2敗と未勝利なだけに、残留争いを繰り広げていたこれまでとは違うということを示す良い機会だ。(totoONE編集部)

■大宮予想スタメン
4-4-2
GK
加藤順大
DF
奥井諒
山越康平
河本裕之
和田拓也
MF
横谷繁
岩上祐三
金澤慎
泉澤仁
FW
ムルジャ
家長昭博



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO