2016.05.18

磐田、元ギリシャ代表DFパパドプーロス獲得…南アフリカW杯など出場

パパドプーロス
パパドプーロスは2008年〜2014年までギリシャの名門オリンピアコスでプレーした [写真]=EuroFootball/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ジュビロ磐田は18日、元ギリシャ代表DFアヴラアム・パパドプーロスを獲得したと発表した。登録名は「パパドプーロス」。なお、同選手はアジア枠での獲得となる。

 現在31歳のパパドプーロスはオーストラリア出身で、身長184センチ、体重84キロ。2003年にアリス・テッサロニキ(ギリシャ)でデビューし、オリンピアコス(ギリシャ)、トラブゾンスポル(トルコ)を経て、2015年からは中国の上海申花でプレーしていた。

 ギリシャ代表としては2008年2月にデビューを果たし、2010年の南アフリカ・ワールドカップ、ユーロ2012などにも出場。代表通算37試合に出場した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
福岡
61pt
長崎
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る