2016.05.13

4月度J1ベストゴールは横浜FM齋藤学…GKの頭上超える技ありループ

齋藤
4月度のJ1ベストゴールを受賞した横浜FMの齋藤学(写真は3月19日のサガン鳥栖戦)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは13日、4月度ベストゴールを発表し、横浜F・マリノスFW齋藤学のゴールが選出された。

 ベストゴールに選ばれたのは、4月16日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第7節のジュビロ磐田戦で、41分に齋藤が決めたゴール。MF中村俊輔のパスに反応し相手DFの裏に抜け出すと、キーパーの動きを冷静に見極めループシュートを放ち、これがネットを揺らした。

 Jリーグ選考委員会は齋藤の得点について「中村俊輔からのスルーパスを受け、スピードあるドリブルで相手DFを振り切ってGKとの一対一の勝負に勝って決めたゴール。相手DFに囲まれながらも、チャンスを見逃さずにハーフウェイライン手前から相手守備ラインの穴を突いた中村のスルーパスは、コース、キックの強さ、精度、タイミングの良さなど、全てにおいてハイレベルで、そのボールを受けた齋藤は、磐田GKカミンスキーの絶妙な飛び出しにも落ち着いて対応し、ワンフェイク入れた後でGKの頭上を越えるループシュートを放つなど、中村との連携を含め、一対一の対応、シュートのテクニック、すべてにおいてレベルの高いゴールだった」と評価している。

 また、戦術面に関しては「前半早々に2得点を決めた横浜FMは、前半終了間際まで攻撃の手を緩めずに波及攻撃をしかけた。中村が3人の相手DFに囲まれながら、バックパスではなく前方にボールを運び素早い攻撃を仕掛けたことは、監督の考える“いかに縦に早く攻撃を仕掛けゴールに結びつけるか”という戦術に徹したプレーといえる。また、そのプレーを見逃すことなく背後のスペースへ動き出し高いテクニックでシュートを放った齋藤との見事な連携が生み出したゴールとなった」とコメントしている。

 また、サガン鳥栖戦で川崎フロンターレFW大久保嘉人が決めたヘディングシュートと、浦和レッズ戦で名古屋グランパスFWシモビッチが決めたミドルシュートが、ベストゴール以外で特筆すべきゴールとして紹介されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る