2016.05.13

【予想スタメン】得点ランク2位の大久保は知将を警戒…昨季の対戦は神戸が負けなし

日本での指導歴が長い神戸のネルシーニョ監督 [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■川崎フロンターレ 柏に完勝し再び上昇気流へ、神戸の秘策をかいくぐれるか

 前節は好調だった柏レイソルをアウェーで撃破。試合の主導権を握り続け、ほぼ完勝と言える勝ち方で、風間八宏監督も一定の評価を与えている。大事なのは、このパフォーマンスをチームとして継続することだろう。

 システムは変わらないが、メンバーは若干の入れ替えがある。前節出場できなかったセンターバックのエドゥアルドが先発に復帰。それに伴い、車屋紳太郎が左サイドバックに入り、登里享平が左サイドハーフに配置される形となりそうだ。U-23日本代表としてガーナ代表戦に出場した大島僚太と奈良竜樹は先発濃厚である。彼らのコンディションは懸念材料だが、そこは若さで乗り切ってもらうしかないだろう。

 今節の相手である神戸とは、昨季の公式戦3試合で勝利なし。決して相性は良くないが、選手たちが真っ先に口にしていた存在が、敵将であるネルシーニョだ。「何をしてくるかわからないからね、ネルシーニョは。たぶん自分たちに合わせてくる」と大久保嘉人が言えば、「ネルシーニョなので」と大島も指揮官の名前を挙げて警戒を高めている。

 想定される対策の一つは、ビルドアップの中心を担うボールの出所から自由を奪うこと。特に大島とエドゥアルド・ネットのダブルボランチ、そしてトップ下の中村憲剛の中盤3人には激しいマークが予測される。「どれだけ相手を見てやれるか」と中村。出方を見ながら、いかに打開していくか。チームの対応力が試される一戦となる。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
4-5-1
GK
チョン・ソンリョン
DF
エウシーニョ
奈良竜樹
エドゥアルド
車屋紳太郎
MF
大島僚太
エドゥアルド・ネット
小林悠
中村憲剛
登里享平
FW
大久保嘉人

■ヴィッセル神戸 鬼門を突破し7位浮上、離脱者続出で攻撃面は不安多し

 前節、11連敗中と鬼門だった名古屋グランパス戦に勝利した神戸。伊野波雅彦のJ1通算200試合出場に“今季初の完封勝利”という花を添え、7位に浮上。今節の川崎戦から始まる上位決戦に弾みをつけた。

 だが、その名古屋戦では今季チーム最多の7ゴールを挙げているレアンドロが前半途中で負傷退場。川崎戦での出場は微妙な状態となった。さらにU-23日本代表のセンターバック岩波拓也が警告累積で今節は出場停止。けが人も多く、川崎戦は厳しい戦いが予想される。それに輪をかけるように、古巣対決となる大久保嘉人が前節で今季7得点目を挙げ、得点ランキング2位に浮上するなど絶好調。今節の神戸にはマイナス要素が目立っている。

 とはいえ、プラス材料も多い。一つは韓国代表GKキム スンギュが好調な点。前節の名古屋戦でも永井謙佑の決定機をビッグセーブするなど、完封勝利に大きく貢献。日本語も日に日に上達し、持ち味のコーチング能力も発揮されはじめた。また、MF藤田直之の安定感が増している。名古屋戦では80分過ぎから4-1-4-1のアンカーに入って守備の要に。攻撃では、CKからレアンドロの決勝点をお膳立てして2試合連続のアシストを記録。小川慶治朗や石津大介らアタッカー陣に負傷者が多い中、攻守両面で活躍が期待されている。守備は安定感があるだけに、先制点が今節のポイントか。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-4-2
GK
キム・スンギュ
DF
高橋峻希
高橋祥平
伊野波雅彦
相馬崇人
MF
三原雅俊
田中英雄
藤田直之
渡邉千真
FW
ペドロ・ジュニオール
増山朝陽

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る