2016.05.06

【予想スタメン】2連勝で自信を取り戻した湘南、FC東京戦で今季ホーム初白星なるか

負傷が発表された高山(写真は昨季のもの) [写真]=Kaz Photography/Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■湘南ベルマーレ 3連勝を目指し、GK秋元、DF丸山擁するFC東京を迎え撃つ

 ゴールデンウィークの皮切りとなった第9節横浜F・マリノス戦に勝利し、開幕から続いていたリーグ戦未勝利を払拭した湘南は、続く前節もサガン鳥栖を下し、このアウェー2連戦で勝ち点6を積み上げた。いずれも1-0と、これまで毎試合のように喫していた複数失点を抑えた守備面は、コンパクトフィールドを弛まぬ組織力と個々の責任感が支えている。連敗に後ろ髪を引かれ重心を下げるのではなく、前線から前向きにボールを奪いにいくという自分たちの原点を突き詰めた上でつかんだ連勝は意義深い。また、この2試合は4バックでスタートして結果を手にしたところにもチームの成長が窺える。状況に応じてシステムを変更することは以前より行われているが、試合中でもスムーズに移行できていることを含め、今後の戦いに幅をもたらすだろう。

 今節ホームに迎えるFC東京と湘南のこれまでの戦績は、2勝2分5敗でFC東京に軍配が上がる。昨季リーグ戦では1勝1敗と五分の成績も、スコアレスドローで決したナビスコ杯を含め、湘南はホームで勝てていない。セットプレーの得点率が高いFC東京に対し、湘南はセットプレーの失点が少ないが、今節は果たしてどうか。GK秋元陽太やDF丸山祐市など、2014年のJ1昇格を分かち合った仲間との再会も楽しみな一戦だ。

 両者にとって今節が大事な連戦の締め括りであることは間違いない。湘南にあっては今季ホーム初勝利も懸かっている。難敵を迎え、ゴールデンウィーク3連勝なるか。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-6-1
GK
村山智彦
DF
島村毅
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
奈良輪雄太
長谷川アーリアジャスール
石川俊輝
菊池大介
大槻周平
高山薫
FW
端戸仁

■FC東京 ACLでラウンド16進出決定、勢いのままリーグ戦5試合ぶりの勝利を

 前節アビスパ福岡に敗れ、苦況が続くFC東京。その後、4日にベトナムで迎えたACLのビンズオン戦は、約半数のスタメンを入れ替えて臨み、前田遼一の2得点で競り勝った。35度を上回る気候に加え、ラウンド16進出を懸けてプレッシャーのかかる一戦でもあったが、コミュニケーションを密に図り、チームの一体感も垣間見せた。アグレッシブさを発揮してつかんだ公式戦6試合ぶりの勝利を、浮上のきっかけとしたい。

 ただし、長距離移動を含めて中4日で迎える今節。精神的な充実とは反して、体力的には相当に消耗している。そのため攻撃陣に関しては、ビンズオン戦未出場の平山相太、河野広貴らが軸になるだろう。また、ACL未登録のムリキは、J3への出場を志願して調整に努めた。先発のチャンスもありそうだ。

 一方、このビンズオン戦でもPKを与え、連続失点を止めることはできなかった。前線からのプレスが機能している間は攻守に連動性を保てているが、運動量が落ちるとコンパクトな陣形を保てず、失点の要因となっている。特に今節の対戦相手、湘南は連勝を果たして勢いに乗るとともに、走力に自信を持つチームでもある。FC東京のコンディションやアウェーであることを考慮すれば、先に足が止まったとしてもおかしくはない。その時にこそ、意思統一と臨機応変さを持って戦えるかが焦点になるだろう。守備ブロックを固めて自ら崩れないことはもちろん、勝利を呼び込む気迫でも相手を上回りたい。(totoONE編集部)

■FC東京予想スタメン
4-4-2
GK
秋元陽太
DF
徳永悠平
森重真人
丸山祐市
小川諒也
MF
河野広貴
梶山陽平
米本拓司
阿部拓馬
FW
ネイサン・バーンズ
平山相太

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る