2016.05.06

【予想スタメン】かつて覇権を争った磐田と鹿島が激突…相手を熟知した名波監督の手腕にも注目

磐田の名波監督は現役時代に鹿島と多くの激闘を繰り広げている [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■ジュビロ磐田 前節4失点を喫した守備に課題、通算成績は大きく負け越すも好調攻撃陣の奮起に期待

 2試合連続完封から一転、前節はヴィッセル神戸に4失点を喫した。早急な守備の立て直しが求められるが、鹿島戦は中3日と修正期間が短く、不安を拭えないまま試合を迎えそうだ。神戸戦はキープ力と突破力に秀でたレアンドロとペドロ・ジュニオールの2トップの圧力に屈し、最終ラインが下がった。その結果、全体が間延びし、守備の連動性を失った。相手の背後を鋭く突く攻撃が得意な鹿島に、同じ失敗を繰り返せば、再び大量失点を喫してしまうだろう。

 神戸に大敗したが、収穫もあった。開始早々にカウンターで奪った先取点は、チームが目指す素早い攻守の切り替えから生まれた。高い位置でボールを奪い、得点につなげる理想的な攻撃が体現できたのは、今後に向けて大きな自信となる。エースのジェイが不在の中、アダイウトンが今季2点目を挙げるなど調子を上げてきた。途中出場した松井大輔、松浦拓弥、川辺駿も絶妙なコンビネーションから再三決定機を演出した。2点目こそ奪えなかったが、攻撃陣の好調ぶりはプラス材料だ。

 鹿島とはかつて覇権争いを繰り広げたが、リーグ戦の通算成績は11勝6分27敗と大きく負け越し。地力に差があり、苦戦が予想される。ただ、今季はリーグ戦で2敗したものの、いずれも次節に勝利を挙げている。4月29日の広島戦では、ホーム戦未勝利の呪縛も拭い去った。サポーターの大声援を受け、鹿島相手にもひるむことなく立ち向かえば、浦和レッズ、サンフレッチェ広島に続く強豪撃破も現実味を帯びてくる。(totoONE編集部)

■磐田予想スタメン
4-5-1
GK
カミンスキー
DF
小川大貴
大井健太郎
森下俊
中村太亮
MF
山本康裕
宮崎智彦
太田吉彰
小林祐希
アダイウトン
FW
齊藤和樹

■鹿島アントラーズ 優勝戦線に残る上でも落とせない一戦、ベテランの復帰が士気向上の一助となる

 前節はアルビレックス新潟に2-1で勝利し、優勝争いに踏みとどまった。しかも連戦を考慮し、先発メンバーを3人入れ替えてもぎ取った勝ち点3。連係面や内容を見れば、納得できるものではなかったが、チーム全体のコンディションという点では、良い状態でアウェーの磐田戦に臨むことができる。

 待ち構えるのは、磐田の選手として現役時代に鹿島を苦しめた名波浩監督だ。引退後も鹿島の試合を定期的にチェックし、分析してきた。鹿島というクラブ、伝統のサッカーを最も知っている監督の一人と言える。その鹿島から勝ち点3を奪おうと、執念を燃やしてくるに違いない。

 鹿島は小笠原満男が先発に復帰する見込み。新潟戦では終盤、途中出場で短い出場時間だったが、ピッチの空気を変える働きで試合を締めた。攻守のスイッチとなる40番は、37歳を迎えてもなお、欠かせない存在。いつもどおり「勝たなきゃ意味がない」と勝ち気をまとってピッチに向かう。そして左サイドバックには、太ももの張りで2試合欠場した山本脩斗が先発に戻ってきそうだ。さらに、試合2日前の紅白戦で主力組に入った杉本太郎が好調。今季はここまで出場機会に恵まれていないが、先発する可能性もある。

 暫定ながら、首位浦和レッズとの勝ち点差は「2」に縮まり、優勝戦線に残る上でも勝ち点3が欲しい磐田戦。鹿島が2連勝を目指し、アウェイの地に乗り込む。(totoONE編集部)

■鹿島予想スタメン
4-4-2
GK
曽ヶ端準
DF
西大伍
植田直通
昌子源
山本脩斗
MF
遠藤康
小笠原満男
柴崎岳
カイオ
FW
土居聖真
ジネイ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る