FOLLOW US

【予想スタメン】連勝狙う名古屋と神戸、好調を維持する両エースの出来が大きなカギに

リーグ戦7得点の名古屋FWシモビッチ(左)、同5得点の神戸FWレアンドロ(右) [写真]=Getty Images

■名古屋グランパス シモビッチが4戦連発と絶好調、サイドの攻防戦にも注目

 完敗した浦和レッズ戦のショックを払拭するような快勝だった横浜F・マリノス戦を受け、チームは上昇気流に乗りつつある。後半にペースダウンしてしまう課題は残されているが、それでも前節はGK武田洋平のビッグセーブなどで逃げ切った。この試合では、今季初の3得点を挙げるなど攻撃陣が躍動し、先制点を挙げたシモビッチは4試合連続の7点目で得点ランクのトップに躍り出ている。チャンスを逃さないストライカーらしさが出てきた北欧の巨人は、発熱もあって前半限りでピッチを退いたが、次戦への大事を取った形とのことで大きな問題はなさそうだ。

 体調不良が続いたところで、代役といっては豪華すぎる川又堅碁も控えている。ここにきてパフォーマンスを上げてきた川又は横浜FM戦で実に彼らしいゴールを挙げ、勢いに乗っている。プロ初得点を決めた和泉竜司とともに、今節でも攻撃陣を引っ張る人物となりそうだ。気掛かりなのは、このところ低調な古林将太の右サイド。ダイナミックな攻撃の動き出しが鳴りを潜めており、指揮官も気にかけている。本人は「少し疲れているけど大丈夫」と問題ない様子をアピールしたものの、サイドが強い神戸との主導権争いには不可欠の選手だけに、奮起を期待したいところだ。

 一方で永井謙佑の左サイドは、このたびA契約を締結できる公式戦450分出場を満たした新人サイドバックの高橋諒が伸び盛り。攻撃的なサイドバックはキッカーとしての能力も併せ持ち、「チャンスがあれば蹴りたい」と意欲的。明治大学で同期の和泉との連係も良く、次は2人のコンビネーションを生かしたゴールにも期待したいところだ。ディフェンスラインでも前節からスタメンに復帰したオーマンが意欲十分。現在来日している母と弟の前での活躍を誓う。チーム随一の高さを誇るセンターバックは、前節もセットプレーで惜しいシーンを作っており、得点すればプロキャリア初の得点となるだけに注目だ。(今井雄一朗)

■名古屋予想スタメン
4-5-1
GK
武田洋平
DF
矢野貴章
オーマン
竹内彬
高橋諒
MF
イ・スンヒ
田口泰士
古林将太
和泉竜司
永井謙佑
FW
シモビッチ

■ヴィッセル神戸 前節は主力不在も磐田に勝利し勢い十分、今節も攻撃陣の爆発に期待

 けが人に加え、伊野波雅彦と相馬崇人が累積警告で出場停止という中、前節のジュビロ磐田戦を4-1で快勝した神戸。ネルシーニョ監督が「長いシーズンでは総力戦で戦わなければいけない時もある。いつでも誰でも必要になる時がくると彼らには話している。日頃から準備できているところを今日は見せられた」と振り返ったように、チーム一丸で勝ち取った貴重な勝ち点3だった。それだけに勢いもある。

 とはいえ、名古屋も前節は横浜FMに3-1で快勝している。後半から出場した川又堅碁が技ありゴールを決めるなど、“勢い”では神戸よりも上。この川又のゴールをお膳立てした永井謙佑のスピード豊かなカウンターは神戸も苦しめられるはずだ。だが、この2人以上に神戸が警戒すべきは、やはり199センチの長身FWシモビッチだ。横浜FM戦では体調不良ながらも4試合連続ゴールも決めてみせた。得点ランキングでも首位に浮上(計7得点)した大型ストライカーを抑えなければ、神戸に勝機はない。伊野波と相馬の復帰で安定感が増す神戸ディフェンスラインの奮起に期待したいところだ。

 ただし、攻撃面に関しては神戸も負けてはいない。前節2ゴールのレアンドロ、今季4ゴールの渡邉千真、今季3ゴールのペドロ・ジュニオールとタレントは豊富。さらに藤田直之のロングスローからの得点パターンも確立されつつあり、攻撃のバリエーションは大幅に増えたと言える。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-4-2
GK
キム・スンギュ
DF
高橋祥平
岩波拓也
伊野波雅彦
相馬崇人
MF
三原雅俊
前田凌佑
藤田直之
渡邉千真
FW
ペドロ・ジュニオール
レアンドロ

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA