2016.05.04

鹿島、ジネイ&西の今季初弾で3戦ぶりの勝利…新潟は5戦白星なし

サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第10節が4日に行われ、鹿島アントラーズとアルビレックス新潟が対戦した。

 ここ2試合無得点が続く鹿島が、ホームに4試合白星がない新潟を迎えての一戦となった。。鹿島は、前節の大宮アルディージャ戦からスタメンを3名変更。小笠原満男、カイオ、土居聖真がベンチスタートで、永木亮太、中村充孝、ジネイがスタメン入りした。対して新潟は、前節のヴァンフォーレ甲府戦で負傷したラファエル・シルバが欠場。サンフレッチェ広島から期限付き移籍をしている野津田岳人や、レオ・シルバ、田中達也らが先発メンバーに名を連ねた。

 試合は22分に鹿島の先制で動く。永木からのパスに反応した金崎夢生が、エリア内右に抜け出して中央へ折り返す。そこに走り込んでいたフリーのジネイが右足で流し込んで、ゴールネットを揺らした。ジネイの今季初ゴールで鹿島が1点リードで前半を折り返す。

 後半に入って46分、鹿島は西大伍がエリア手前中央で右足を振り抜くが、シュートはわずかに枠の右に外れた。新潟は57分にを田中を下げて山崎亮平を投入。鹿島は60分にジネイを下げて土居聖真を、65分に中村に代えてカイオを送り出す。直後の66分、新潟が試合を振り出しに戻す。左CKから加藤大が中央へボールを送ると、中央で増田繁人が頭で合わせる。シュートはカバーに入った遠藤康が蹴り出すが、ラインを割っており、ゴールの判定となった。

 同点とした新潟は78分、酒井宣福を下げて小林裕紀を投入。だが直後の79分、鹿島が勝ち越しに成功する。右サイドの柴崎岳が中央へ鋭いグラウンダーのパスを供給。エリア内中央の金崎がスルーすると、後にいた西がダイレクトで右足を振り抜き、ゴール右隅に決めた。西は今季初ゴールでとなった。

 再びリードを許した新潟は81分、野津田を下げて伊藤優汰を入れる。鹿島も86分に遠藤に代えて小笠原を送り出した。試合はこのまま終了し、鹿島が2-1で3試合ぶりの勝利。一方の新潟は、5試合白星から遠ざかる結果となった。

 鹿島は次節、8日に敵地でジュビロ磐田と対戦。新潟は同日にG大阪をホームに迎える。

【スコア】
鹿島アントラーズ 2-1 アルビレックス新潟

【得点者】
1-0 22分 ジネイ(鹿島)
1-1 66分 増田繁人(新潟)
2-1 79分 西大伍(鹿島)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る