2016.04.29

磐田が中村の決勝弾でホーム初勝利…広島は3戦ぶり黒星で連勝ストップ

サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第9節が29日に行われ、ジュビロ磐田とサンフレッチェ広島が対戦した。

 前節、磐田はサガン鳥栖戦で完封勝利を収め、今季3勝目を挙げた。これで順位を9位に上げ、上位進出を狙う。一方、横浜F・マリノスとの上位対決を制した広島は、4位にランクアップ。連勝を飾り、シーズン序盤の不振から抜け出しつつある。

 この試合で磐田は3バックを採用。DF大井健太郎がJ1通算200試合出場を果たし、DF中村太亮が左ウイングバック、DF小川大貴が右ウイングバックに入った。また、FWジェイが負傷離脱中のため、最前線にはMFアダイウトンが入った。広島は主将のMF青山敏弘が体調不良によりベンチスタート。また、DF吉野恭平がJ1初出場を果たした。

 試合序盤からペースを握ったのはホームの磐田。2分、小川が右サイドを駆け上がり、中央の小林祐希へパスを送る。小林は切り返しで相手DFをかわし、エリア手前から右足ミドルシュート。しかし、ボールは枠の左へ外れ、先制点とはならなかった。

 その後は両チームともになかなか決定機を作れない。32分、磐田が右CKを獲得すると、キッカーの中村が左足クロスを供給。ファーサイドの森下俊がヘディングシュートを放ったが、ここはポストの左へ外れてしまった。

 広島は34分にようやくチャンスを迎える。茶島雄介がドリブル突破からエリア手前まで持ち込み、右足シュート。相手DFに当たったボールが枠に飛んだが、ここはGKカミンスキーの正面だった。

 磐田は前半終了間際に2度のチャンスを作ったが、太田吉彰とアダイウトンが決め切ることができず、0-0でハーフタイムを迎えた。

 後半立ち上がりも磐田がシュートチャンスまで持ち込む。50分、左サイドの中村が切り返して右足クロスを入れると、エリア内で受けた太田が胸トラップから左足シュート。しかし、ここも枠を捉えることができない。

 54分、広島が左CKを獲得すると、茶島がショートコーナーで柴崎晃誠へパスをつなぐ。柴崎はドリブルで中央へ切り込み、右足で強烈なシュートを狙ったが、ここはクロスバーを直撃。こちらも得点することができない。

 試合が動いたのは65分。磐田は中盤右でボールを持った小林がアーリークロスを供給。中央でアダイウトンが潰れると、ファーサイドの中村がワントラップから切り返し、右足でゴール中央へ流し込んだ。磐田が待望の先制点を奪いとった。

 広島は69分に茶島と吉野を下げ、青山と宮吉拓実を投入。まずは同点ゴールを目指す。さらに81分には丸谷拓也に替えて佐藤寿人を投入。ピーター・ウタカと佐藤の2トップに変更した。

 しかし、このまま磐田が1-0で広島を下して今季4勝目。ホームゲームで初勝利を挙げ、勝点を15に伸ばした。なお、磐田のJ1ホームゲーム勝利は2013年12月の大分トリニータ戦以来2年4カ月ぶりとなった。一方、敗れた広島は連勝がストップした。

 次節、磐田は敵地でヴィッセル神戸と、広島はホームで鳥栖と対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 1-0 サンフレッチェ広島

【得点者】
1-0 65分 中村太亮(ジュビロ磐田)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る