2016.04.28

【予想スタメン】公式戦5連勝で波に乗る柏、ネルシーニョ率いる神戸を攻略なるか

柏の伊東は前節1得点1アシストを記録するなど好調 [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■柏レイソル 若手の躍動で公式戦5連勝を達成、負傷者も復帰しチーム内争いはし烈に

前節はアウェーで鹿島アントラーズに快勝し、柏は公式戦5連勝を飾った。この勢いを持って、今節はホームにかつての指揮官、ネルシーニョ監督率いる神戸を迎え入れる。

 ここまでの連勝は、柏が若手中心ということもあり、対戦相手からはノーマークだった点も影響していただろう。しかし、ネルシーニョ監督はいかなる相手にも警戒を怠らず、対策を進めてくる。しかもメンバーが大幅に入れ替わったといっても、依然として多くの選手がネルシーニョ監督時代にプレーをした経験があるため、柏の選手の特徴はこれまでの対戦相手以上に把握されているはずだ。今と状況が大きく違うとはいえ、昨季のナビスコ杯準々決勝第1戦で、若手主体の柏は神戸に完敗を喫した。

 連勝の原動力にもなっているリーグ戦3試合連続完封中の守備が強みだが、レアンドロ、ペドロ・ジュニオール、渡邉千真を擁する神戸の強力攻撃陣と対峙し、彼らを封じられるかは今節の大きなポイント。守備陣の真価を問われることにもなる。

 攻撃面では、出場停止により鹿島戦を欠場したディエゴ・オリヴェイラが戻るため、前線には彼の突破力と高い位置での収めどころが生まれる。そこに中川寛斗、武富孝介、伊東純也がどう絡んでいけるか。また、大谷秀和、大津祐樹、山中亮輔らケガ人も戦列に戻り、選手層は厚みを増した。公式戦6連勝、リーグ戦4連勝を挙げて一気に上位へ駆け上がりたい。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
4-4-2
GK
中村航輔
DF
鎌田次郎
中谷進之介
増嶋竜也
中山雄太
MF
伊東純也
茨田陽生
小林祐介
武富孝介
FW
中川寛斗
D・オリヴェイラ

■ヴィッセル神戸 公式戦7戦無敗もここ2戦はドロー、小林や増山ら若手アタッカーの活躍に期待

 ナビスコ杯も含め、公式戦7試合負けなしで好調を維持している神戸。だが、リーグ戦では2試合連続ドローで勝ち点3が奪えず、順位は10位へと転落した。前節のアウェー鹿島戦に勝利し、リーグ戦3連勝で7位に浮上した柏とは対照的と言える。

 とはいえ、ゲーム内容は決して悪くはない。前節のベガルタ仙台戦では、先制点を奪いながら一時は逆転を許したものの、後半アディショナルタイムに渡邉千真が劇的な同点ゴールを挙げて勝ち点1をもぎ取った。ネルシーニョ監督が「組織的な守備から得点、追加点のチャンスまで作れていた」と振り返った前半のような戦いができれば、勝ち点3は自ずとついてくるはず。レアンドロが復帰し、さらにけがで戦線離脱した小川慶治朗の代わりに右サイドハーフを任されている小林成豪や増山朝陽ら若いアタッカー陣にも勢いがあるだけに、先制、追加、ダメ押しという理想的なゴールを奪える可能性は十分だ。

 マイナス材料としては、柏の右サイドバックの伊東純也が好調なところ。前節の鹿島戦では華麗なダブルタッチで相手DFをかわして移籍後初ゴールも決め、さらに武富孝介の追加点もアシスト。クロスからの得点が多い今季の柏だが、伊東の好調ぶりで攻撃のバリエーションが増えた印象だ。マッチアップが予想される神戸の渡邉もここ2試合で3ゴールと好調なだけに、この2人の攻防は今節の一つのポイントになりそうだ。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-4-2
GK
キム・スンギュ
DF
高橋峻希
岩波拓也
伊野波雅彦
相馬崇人
MF
小林成豪
三原雅俊
藤田直之
渡邉千真
FW
P・ジュニオール
レアンドロ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る