2016.04.28

【予想スタメン】“鬼門”を突破するのはG大阪か、川崎か…エース対決にも注目

得点が期待されるG大阪の宇佐美(左)と川崎の大久保(右) [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■ガンバ大阪 新スタジアムで目指すは勝利のみ、エース宇佐美の2戦連発弾に期待

 ACLグループステージ敗退の屈辱を振り払うべく臨んだ前節のアビスパ福岡戦。宇佐美貴史を先発から外し、公式戦では4試合ぶりの先発出場となったパトリックと、公式戦初先発の呉屋大翔を2トップに据えたG大阪は、序盤から躍動。得点こそなかったものの、再三に渡って福岡の背後のスペースを攻め立てて好機を作り出した。だが、最終的に試合を決めたのはやはり、宇佐美だった。後半途中からピッチに送り出されると、79分に相手DFの間合いを外してシュートを放ち、ゴールを捉えた。そんな“エース”の意地が炸裂した一戦に「宇佐美が『自分がエースだ』というプレーを示してくれたという意味で、大きな一日だった」と長谷川健太監督。チーム、個人に勢いをもたらすゴールを称え、安堵の表情を浮かべた。

 その福岡戦から中4日で迎える川崎戦。国内戦のタイトルに照準を合わせ直したG大阪にとって必要なのは連勝だ。今節は今季の公式戦で未だ一度しか勝利を挙げられていないホーム戦だが、今、G大阪の前に立ちはだかる様々な壁を払拭するために必要なのは“ホームでの勝ち点3”。万博記念競技場での川崎との公式戦は近年8戦負けなしという良い流れを、市立吹田サッカースタジアムにも繋げたい。キーマンは覚醒したエース、宇佐美。これまでの戦いを見てのとおり、エースの活躍がチームの奮起を促すと考えても連続ゴールに期待したい。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4-2
GK
東口順昭
DF
初瀬亮
丹羽大輝
金正也
藤春廣輝
MF
阿部浩之
遠藤保仁
今野泰幸
倉田秋
FW
パトリック
宇佐美貴史

■川崎フロンターレ 負傷者続出の不安を“総力戦”で跳ね飛ばす

 前節、今季初黒星を喫して首位陥落。連敗だけは避けなくてはいけない。

 気になるのは、公式戦3試合連続で相手に先制点を許す展開に持ち込まれていることである。攻撃力のあるチームとはいえ、追いかける展開が続くと、そこから巻き返す作業はそれほど容易ではない。これまでは守備陣の踏ん張りで流れが悪い時間帯を凌ぎ、盛り返したことが勝因にもなっていただけに、先に失点しないことをより意識して試合に入りたいところだ。

 その意味で、この一戦の最終ラインは注目である。レギュラーであるエウシーニョが出場停止。代役候補と見られていた武岡優斗や、サテライトリーグで右サイドバックを務めていた田坂祐介はともに負傷離脱中のため、風間八宏監督は左サイドを主戦場とする登里享平を抜擢する見込みだ。本職ではないものの、カットインからのプレーで持ち味を出すなど、違和感はない。本人も「未知数ですけど、楽しみです」と話しており、地元大阪でのプレーで存在感を見せるか注目となる。右すねの負傷で交代した奈良竜樹も復帰しており、「大丈夫です」と出場に意欲を見せる。最終ラインの頑張りには期待したい。

 中盤は谷口彰悟と大島僚太のダブルボランチになりそうだ。彼らがボールを握り、トップ下の中村憲剛、前線の大久保嘉人と小林悠にしっかり配給できれば、得点は自ずと生まれるはずだ。

 けが人は多く台所事情は厳しい。しかし「こういう時こそ、みんなで頑張りたい」と中村は、総力戦を口にする。万博は鬼門だったが、吹田での勝利で負の記憶を塗り替える。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
4-2-3-1
GK
チョン・ソンリョン
DF
登里享平
奈良竜樹
エドゥアルド
車屋紳太郎
MF
大島僚太
谷口彰悟
小林悠
中村憲剛
森谷賢太郎
FW
大久保嘉人

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
36pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
28pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る